愛媛県議会 > 県議会の活動 > 委員会等 > その他(議員協議会・各会派代表者会議・正副委員長会議等) > 正副委員長会議(令和2年度)

ここから本文です。

県議会の活動

正副委員長会議(令和2年度)

正副委員長会議(令和2年度)の開催結果をお知らせします。

 

日程

日時

令和2年6月29日(月曜日)午後1時57分

場所 農林水産・建設委員会室
協議事項

(1)委員会の運営について

 今定例会中の委員会の開催は次のとおり。

 7月1日(水曜日)午前10時 総務企画、環境保健福祉、農林水産委員会

 7月2日(木曜日)午前10時 経済企業、建設、スポーツ文教警察委員会

(2)請願・陳情について

 請願が付託されている委員長が、その概要を報告。

(3)委員会における新型コロナウイルス感染防止対策について

 次のとおり実施することを確認。

○窓の開放、もしくは定期的な窓とドアの開放による換気の徹底を行う。

○理事者の委員会入室人数は、必要最低限とする。

○傍聴定員は、通常の常任委員会3名、特別委員会6名を、それぞれ2名、3名に削減し、間隔を空けた配席とする。

○本会議傍聴者と同様に、議事堂1階傍聴受付において検温を実施する。

○各議員が傍聴者を紹介する場合は、マスク着用と検温への協力を呼びかけるとともに、体調不良者等については紹介を行わない。

(4)閉会中の委員会について

 次のとおり開催することを決定。

 8月3日(月曜日)午前10時 防災減災・エネルギー対策特別委員会

 8月3日(月曜日)午後1時 少子高齢化・人口減少対策特別委員会

 8月4日(火曜日)午前10時 地方創生・産業振興対策特別委員会

 8月4日(火曜日)午後1時 えひめICT未来創造特別委員会

 8月6日(木曜日)午前10時 常任委員会(一斉開催)

(5) 常任委員会の視察について

 県内視察は、8月下旬に1泊2日の日程で、2委員会合同により実施することとし、組み合わせは各委員長間で協議し決定する。なお、県内視察と合わせて「愛媛県議会地域の声を聴く会」を実施する。

 県外視察は、10月下旬に2泊3日の日程で実施する。

 

日程

日時

令和2年4月28日(火曜日)午後4時25分

場所 農林水産・建設委員会室
協議事項

(1)正副委員長会議の開催時期について
 原則として各定例会質問最終日の本会議終了後に開催するほか、必要に応じて開催する。
(2)委員会の開催方法について
・会期中の常任委員会
 6月及び12月定例会は、1日ずつの2分割で開催する。
 9月及び2月定例会は、2日ずつの2分割で開催する。
 最初に、総務企画、環境保健福祉、農林水産
 次に、経済企業、建設、スポーツ文教警察の順で開催する。
・閉会中の常任委員会
 原則として各定例会の間で1回、一斉開催する。
 日程調整は、議会運営委員長に一任する。
・特別委員会
 原則として閉会中開催とし、日程は、議会運営委員長と各委員長との間で調整する。
(3)常任委員会の視察について
 県内視察及び「愛媛県議会地域の声を聴く会」は、新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、当面、延期とする。
(4)留意事項について
・委員会における議事運営、請願・陳情、一般傍聴、マスコミ取材等の留意事項
・新型コロナウイルス感染防止対策(委員会関係)
 窓の開放、もしくは定期的な窓とドアの開放により換気を徹底する。

 委員会入室人数は、従前から必要最低限とすることとされているが、改めてその徹底を依頼する。
 各議員は傍聴者の紹介を基本的に自粛する。紹介する場合は、マスク着用に努めていただくよう呼びかけるとともに、体調不良者等については紹介を行わない。
 傍聴定員について、通常、常任委員会3名、農林水産・建設委員会室を利用する特別委員会6名を、それぞれ2名、3名とし、間隔を空けた配席とする。
 本会議傍聴者と同様に傍聴者の検温を実施する。

県議会の活動
本会議
委員会等
議員提案条例一覧
意見書・決議一覧
TOPICS