愛媛県議会 > 県議会の活動 > 本会議 > 第318回(平成22年9月)定例会 > 提出議案【議員提出の部】 > 農業共済関係予算の確保を求める意見書

ここから本文です。

県議会の活動

第318回(平成22年9月)定例会

提出議案【議員提出の部】

農業共済関係予算の確保を求める意見書

 農業共済事業は、国の農業災害対策の重要な柱であり、本県農家の経営安定にも大きく貢献している。

 しかしながら、平成22年度予算では、農業共済掛金国庫負担金が概算要求額に比較して40億円の減額、農業共済事業事務費負担金は同37億円の減額となり、さらに、平成23年度予算の概算要求では、農業共済掛金国庫負担金が前年比7億円の減額、農業共済事業事務費負担金が同16億円の減額となっている。

 これらの負担金は、農家の負担軽減や農業共済事業の円滑な実施に資するものであり、農業共済関係予算のさらなる縮減は、先般公表された農林業センサスにみられるとおり、農業就業人口が大幅に減少し、高齢化が加速するなど危機的な状況にある本県農家に対し、賦課金の増額などの負担を強いることとなり、今後の農業経営に不安を与えることにもなりかねない。

 よって、国におかれては、農業共済事業が、今後とも農家経営のセーフティーネットとしての役割を十分に発揮し、その円滑な実施に支障をきたすことのないよう、農業共済掛金国庫負担金及び農業共済事業事務費負担金について、必要額を確保されるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 平成22年10月8日

愛媛県議会

提出先

 衆議院議長

 参議院議長

 内閣総理大臣

 総務大臣

 財務大臣

 農林水産大臣

 国家戦略担当

意見書一覧(平成22年度)へ戻る

提出議案【議員提出の部】へ戻る

第318回(平成22年9月)定例会トップへ戻る

県議会の活動
本会議
委員会等
議員提案条例一覧
意見書・決議一覧
TOPICS