愛媛県庁/愛媛県職員採用情報 > 先輩職員の声 > FILE25:警察官

FILE 25

兆しを察知し、事件の未然防止に努める

警察官

警察署

巡査 (平成31年度採用)

※撮影時のみマスクやパーテーションを外しています。

現在の仕事内容を教えてください。

パトカー乗務員として、地域の安全・安心を守るため、交通指導取締りや警ら活動、交通事故や事件の初動対応のほか、被害届・拾得物等の届出受理等に従事しています。

職場の雰囲気はどんな感じですか。

分からないことは、上司や先輩方が丁寧に教えてくれるので、自信を持って仕事をすることができます。休憩時はみんなで談笑したり、仕事の経験談を話したりしています。非番日、週休日には、職場の同僚とスポーツを楽しむほか、温泉に行くなど自分の趣味を満喫することでリフレッシュしています。

警察官になろうと思った理由やきっかけは?

家族や親せきに警察官がいて、小学生のころから警察のイベントに参加する機会があり、人のために働く警察官という職業に自然と憧れを持つようになりました。小学生のころから続けていた剣道も生かすことができるため、成長するにつれ、より警察官になりたいという気持ちが強くなりました。

仕事をするときに心がけていることを教えてください。

現場では積極的に前に出ること、常に優先順位を考えて行動することを心がけています。加えて、警察官の仕事は同僚との連携が大事ですので、積極的に先輩や後輩とコミュニケーションを取ることも意識しています。
また、制服を着ている時だけでなく、私生活でも警察官であることを忘れずに県民の模範となる行動を心がけています。

仕事をしていて感じる「やりがい」や
「むずかしさ」を教えてください。
やりがい

事件や交通事故を未然に防止できた時や、関わった県民の方などから「ありがとうございます。」という感謝の言葉をいただいた時にやりがいを感じます。
特に、盗難被害に遭った自転車を発見し、被害者の方から感謝されたことや、逃走中の被疑者を職務質問で発見し、事件の早期解決につながったことは今でも印象に残っています。

むずかしさ

事件・事故の対応においては、相手や状況に応じた接し方が大切であるため、難しさを感じることがあります。

受験生へのメッセージ

警察官という職業は、事件・事故等を未然に防げた時や被疑者を検挙した時、そして、被害者の方に感謝された時にとてもやりがいを感じます。
人によって感じ方は様々だと思いますが、幅広い警察業務の中に、皆さんがやりがいを感じられる仕事が必ず見つかります。
皆さんと一緒に仕事ができる日が来ることを楽しみにしています。

32