令和元年度 愛媛県職員採用情報 > 先輩職員の声(県職員を志望したきっかけは?) > FILE18:越智 啓介

ここから本文です。

FILE18越智啓介

調剤だけでなく様々な仕事が経験できる

薬剤師 ~四国中央保健所~

写真:越智啓介

現在の仕事内容について教えてください。

生活衛生関係の仕事

生活衛生関係の仕事をしています。その中でも特に食品衛生に関わる仕事を担当しています。主な仕事内容は、食品営業施設を新たに開設する場合の施設検査や、既存の食品営業施設の監視があります。また、理容や美容に関わるところも担当しているので、理容所美容所の検査や監視も行っています。

県職員を志したきっかけは?

様々な仕事ができる

調剤だけでなく様々な仕事ができるという気持ちで県職員を希望しました。

県職員になって「やりがい」を感じた時は?

感謝された時

どのような仕事でも、相手から感謝される時にやりがいを感じます。時には厳しいことを言われたりすることもありますが、誠実に対応することを忘れないようにしています。

仕事で苦労したことは?

日々苦労している

全てが初めてのことなので、苦労しています。何回も事例を重ねて覚えていき、時には法令等を見直して知識を定着させられるようにしています。

仕事をする上で、心がけていることは?

愛顔(えがお)を忘れず、誠実に対応すること

業者の方や県民の方とお話しする機会が多い業務なので、接する際には誠実に、愛顔(えがお)を心がけています。また、講習会等をする機会も多いので、なるべくわかりやすい資料の作成・話し方に努めています。

受験生にメッセージをお願いします。

一緒に愛媛県を盛り上げましょう!

薬剤師の県職員としての役割は多岐にわたります。病院での仕事もあれば、それ以外にも県民のために働ける場所がたくさんあります。他の職種の方と交流できるのも良い刺激になると思います。ぜひ私たちと一緒に愛媛県を盛り上げていきましょう。

写真:相談をしている風景

写真:顕微鏡を覗いている職員

写真:講習会で説明をしている職員

写真:現場で作業をしている職員


Copyright(C)EHIME Prefecture. All rights reserved.