愛媛県職員採用情報 > 先輩職員の声 > FILE22:獣医師(選考)

FILE 22

若いうちに幅広い業務に携わり、
たくさんの経験を積みたい

獣医師(選考)

薬務衛生課

技師 越智 晶絵(平成28年度入庁)

現在の仕事内容を教えてください。

薬務衛生課環境衛生係というところで、衛生面における県民の生活の向上を目的として、生活衛生施設(理・美容所、クリーニング所、旅館等)に関する業務に従事しています。必要に応じて、県の条例等を見直すこともあります。

職場の雰囲気を教えてください。

上司や同僚に相談しやすくとても良い雰囲気です。今年度から、入庁して初めての異動により今の職場へきたので、当初は不安でいっぱいだったのですが、周りの方のサポートのおかげで日々業務に取り組めています。
また、現在の職場には、獣医師だけでなく、薬剤師や行政事務の方などの別職種の方もいれば、子育てをしながら働く方や遠距離通勤の方、県外出身の方もいるので、人間関係が深まり、多角的に物事を考えることができるようになると感じています。

県職員になろうと思った理由やきっかけは?

獣医師の資格を活かしながら社会に貢献したい、という思いから県職員を選びました。実際に公務員の仕事というのは、県民の生活に直結していることや、何らかの形で社会に還元されることが多く、自分の仕事が社会のためになっていることが実感できます。
また、動物病院の獣医師は、一頭一頭と向き合い命を救う仕事ですが、県職員であれば県全体を見ながら、多くの動物と県民の生活を考えながら仕事ができると思い、志望しました。

県職員になってよかったと感じることを教えてください。

県職員の仕事は基本的にカレンダー通りの出勤となるので、公私を問わず先々の予定がたてやすいことです。
私は、仕事後や休日を利用して週に1回程度ヨガ教室に通っていますが、体を動かしつつ心を落ち着かせることができるので良いリフレッシュになっています。習い事や趣味に時間を割くことができ、ワークライフバランスがとりやすい職場だと思います。また、福利厚生等が充実しているので、ライフステージに変化があっても仕事を続けやすいと感じています。

若手職員から受験生へのメッセージ

私は、時間をかけて自分と向き合ったにもかかわらず、自分にどのような仕事が向いているのかが結局見えてこなかった、という記憶があります。
仕事の適性というのは実際に働かないとわからないことが多いですし、どんな仕事に就いたとしても、おもしろいこともあれば難しいこともあると思います。どのような環境で働きたいか、どのような人たちと働きたいかという視点で就職活動をするのも良いかもしれません。
皆さんと一緒に仕事ができることを楽しみにしています。

32