令和元年度 愛媛県職員採用情報 > 先輩職員の声(県職員を志望したきっかけは?) > FILE20:佐々木 未来

ここから本文です。

佐々木未来

子どもたちが生き生きと生活できる支援を

福祉 ~福祉総合支援センター~

写真:佐々木未来

 

現在の仕事内容について教えてください。

18歳未満の児童について様々な相談に対応

児童相談所では18歳未満の児童を対象としたあらゆる相談を受けます。子育てに関する相談や性格行動に関する相談、不登校についての相談など、内容は様々です。時には、虐待通告や触法少年の通告を受けることもあります。相談を受けた後は、当センターに来所してもらったり家庭訪問をしながら、児童や家族と面接を行います。また、学校、保育園、市町の機関と連絡を取り合うことも多く、支援方法を一緒に考えたり、支援を協力してもらったりすることはよくあります。
また児童相談所には、児童を家庭から離して一時保護をする機能や児童福祉施設に入所させたり、里親に委託をする機能もあり、必要に応じてそのような措置をとることもあります。

県職員を志望したきっかけは?

愛媛県を暮らしやすいまちにしたい

福祉を勉強していくなかで、自分が生まれ育った愛媛県が、児童、障がい者、高齢者にとって暮らしやすい県であって欲しいと思うようになり、県職員を志望しました。現在児童福祉司として働き、様々な環境で暮らす児童の相談に応じ、必要な支援をすることを通じて、子ども達が安心安全に暮らせる地域づくりに繋がっているのかなと感じています。

県職員になって「やりがい」を感じた時は?

子どもたちや家族の愛顔(えがお)を見た時

福祉の仕事は目で確認できるかたちで成果が得られるものではないので、やりがいを感じる点は人それぞれだと思います。私は、相談者の方から「相談して良かった。」と言って頂いたり、安全が確保された場所で生き生きと生活する子ども達の姿を見ると、「自分の仕事に意味があったんだな。」「児童福祉司の立場として必要な支援ができたかな。」と感じることができます。
また、普段の何気ない仕事のなかで、「ご苦労さま。」「お疲れ様。」と声を掛けられると、また頑張ろうと思えるエネルギーになります。

仕事で苦労したことは?

相手に合わせた対応

相談対応のなかで、相手に伝えたいことがうまく伝わらない時や理解してもらえない時に大変だなと感じます。言葉の受け取り方や理解の仕方は人によって様々なので、関わりを持つなかで相手の方の特徴を捉えることが必要だと感じています。時には説明方法を変えたり、時間や回数を重ねて伝えていくことも必要だと思います。

仕事をする上で、心がけていることは?

一人で抱え込まないこと

児童相談所でのケースワークは一筋縄ではいかないことが多く、「自分の判断は正しかっただろうか。」「このままでいいのかな。」と悩むことはよくあります。しかし、そういう時こそ一人でどうにかしようとせず、先輩職員や上司に相談し、一緒に対応してもらうようにしています。誰かに相談することで、自分一人では思いつかなかった方法や知恵を得ることができたり、自分自身が安心し、自信を持って仕事と向き合うことができると思います。

受験生にメッセージをお願いします。

児童福祉に貢献したい方、Welcome!

児童福祉司の仕事は、緊急対応や夜間休日対応もあるため、大変なことも多いですが、児童福祉分野を深く知りたい、学びたい方にとってはとても勉強になると思います。様々なケースの対応を経験することで、専門的な相談スキルを身に付けることができ、幅広い知識を得ることができます。
公務員試験に向けての勉強は大変だと思いますが、子どもが好きで、子どもの福祉のために貢献したいという熱い思いのある方は是非挑戦してみてください。

写真:相談事務を行っている職員

写真:打ち合わせをしている風景

写真:打ち合わせを行っている風景

写真:受付で来庁者の対応をしている職員

 

Copyright(C)EHIME Prefecture. All rights reserved.