愛媛県庁/愛媛県職員採用情報 > 先輩職員の声 > FILE16:化学

FILE 16

愛媛県の住みよい環境を守る

化学

中予地方局健康福祉環境部 環境保全課

技師 野間 祐希(平成31年度入庁)

※撮影時のみマスクやパーテーションを外しています。

現在の仕事内容を教えてください。

水質・大気・土壌等に関する環境法令に基づきながら、届出事業場への立入検査や各種申請・届出の審査を実施しています。また、海域や河川等の水質調査のための採水用務を行っています。

あなたの職種の魅力を教えてください。

化学職の仕事は水・大気等の監視、廃棄物対策、食品・繊維・紙・窯業等の研究など多岐にわたります。多くの法令を取り扱うため覚えることも多いですが、研修等もあり自身の成長につながります。化学職の仕事は水・大気等の監視、廃棄物対策、食品・繊維・紙・窯業等の研究など多岐にわたります。多くの法令を取り扱うため覚えることも多いですが、研修等もあり自身の成長につながります。

県職員になろうと思ったきっかけを教えてください。

県外の大学に進学しており、県外に出たからこそ改めて愛媛県が住みやすく魅力のある県だと感じました。そこから私自身も愛媛県の住みよい環境を守る一員として働きたいと思ったのがきっかけです。

県職員になってよかったことを教えてください。

職種の壁を越えて、様々な仕事に携わる機会があるところです。私自身、中予地方局の若手職員を対象とした地域活性化事業の企画をするプロジェクトに参加し、地酒普及についての施策立案に携わりました。通常業務では携わることのできない内容で勉強になりましたし、他の職種の方との交流もあり、とても新鮮でした。

現在の職場で、特にやりがいを感じたエピソードを教えてください。

法令に基づいた施設の設置に関する申請の際に、はじめはわからない事ばかりでしたが、法令を読み込み、様々な資料から勉強して許認可事務が完了したときにはやりがいとともに自身の成長を感じられ達成感を得られました。

若手職員から受験生へのメッセージ

化学職は、多くの業務内容があり、イメージが湧きにくいかもしれませんが、配属先の先輩職員はとても丁寧に業務内容を教えてくれる方ばかりです。試験勉強等、大変かと思いますがそこを乗り越えるときっとやりがいのある仕事に出会えると思います。ぜひ、愛媛県職員として一緒に働きましょう!

32