令和元年度 愛媛県職員採用情報 > 先輩職員の声(県職員を志望したきっかけは?) > FILE09:越智 雄紀

ここから本文です。

FILE09越智雄紀

集中豪雨に伴う土砂災害から命を守る

総合土木 ~大洲土木事務所~

写真:越智雄紀

Q1現在の仕事内容について教えてください。

土砂災害から県民の命を守るための取組み

がけ崩れや土石流などの土砂災害から、県民の命を守るための取組みをハード対策(砂防堰堤や擁壁の整備)とソフト対策(土砂災害防止法に基づく危険箇所の指定や住民への危険の周知)の両面から進めていく仕事しています。ハード対策は、事業の開始から測量や設計、住民説明会、工事の現場監督まで事業の最初から最後まで携わるので達成感もひときわ大きいです。また、既存施設の補修や長寿命化などの対策も行っています。

Q2県職員を志望したきっかけは?

土木の知識を活かし故郷へ貢献したい

私は今治で育ち、県外の大学に進み、土木について学びました。そこで学んだ知識を活かして自分の故郷である愛媛に恩返ししたいと感じ、どうすればよいかと考えるとその答えは県職員になることでした。内容は様々だと思いますが、土木行政への要望は大なり小なりほとんどの住民の方が抱いていると思います。自分も小さい頃から、「ここの道路は歩道が狭くて危ないから広くしてほしい」という気持ちはありましたので、その要望に直接耳を傾けることができるのは公務員、県職員であるということを知り、県職員を目指すことを決めました。

Q3県職員になって「やりがい」を感じたときは?

対策ができて県民の方が愛顔(えがお)になったとき

最近の集中豪雨の頻発に伴い、私が携わっている土砂災害に関する事業について、ニュースで目にすることが多くなっています。住民の方々の関心も高くなっており、その対策への要望も増加しているのが現状です。県職員という職業は、特に県民の方と直接接する機会が多く、そういった要望も直接耳に入ってきます。県民の方々の表情、感情も直接感じることができるので、要望に応えることができたときの感情も直接伝わってきて、「ありがとう。よろしく。」と愛顔(えがお)で言われるとやりがいを感じます。

Q4職場の雰囲気を教えてください。

分からないことがあれば誰にでも声を掛けられるような雰囲気

若手職員の発言にも耳を傾けてくださったり、また先輩職員の方々や上司の皆さんから声を掛けてくださったり、分からないことがあれば積極的に先輩職員の方々に聞くことができます。若手職員だからといって肩身が狭いようなことは感じたことがなく、本当に過ごしやすい環境で仕事をさせてもらっていると思い、感謝しています。

Q5仕事で苦労したことは?

それぞれの現場状況への迅速な対応

総合土木職は実際に工事に携わりますので、その現場の監督も重要な仕事の一つですが、現場では想定外のことが多々起こります。想定外のことが起こると、現場での安全確保や工程管理のための対応が急がれ、その対応が遅れると工事関係者や近隣住民の方々に迷惑をかけてしまうことになります。先輩職員の方々や上司の方にアドバイスや指導をいただき、現場状況に迅速に対応するなど、現場での安全管理にはより一層の注意をするようにしています。

Q6仕事をする上で、心がけていることは?

自分の考えをしっかり持つこと

工事現場の監督をしていると、現場条件の変化により想定外のことが発生することが多々あります。その対応について、上司に相談するのですが、その時には「どうしたらいいですか。」ではなく、「自分はこうしたいのですが、どうですか。」と、自分で対応策を考え、提案したうえで上司からの指導をいただくように意識しています。提案をするために文献等を調べ、まとめることは自分の知識を増やすことにもつながります。

Q7入庁してから自分が成長したと思うことは?

先を見据えて計画を立てて行動する

事業の予算要望をする際や、仕事をする上でも先の段取りや予定を見据えて行動することが不可欠なので、しっかりと計画を立ててあらゆる物事に取り掛かることを意識するようになりました。
当面の目標は、人間関係を大切にすること。仕事に対して誠心誠意向き合い、責任感を持って行動し、事務所の上司や先輩職員、後輩や工事や設計などでかかわりのある人から信頼されるような県職員になることを目指して人間関係を大切にしていきたいです。

Q8受験生にメッセージをお願いします。

ともに愛顔(えがお)あふれる愛媛県をつくりましょう!!

写真:越智雄紀採用試験の時期は、やるべきことが本当に多くて大変だと思います。自分も正直、何度も心が折れそうになりましたが、仲間や先輩、その他多くの人の力も借りて乗り越えることができました。
総合土木という職種は地図に残る大きな仕事をできるのも魅力の一つで、とてもやりがいのある仕事です。皆さんと一緒に愛媛県をよりよくするためにともに働ける日が来るのを心待ちにしています。

写真:執務室の職員

写真:電話対応する職員

写真:協議する職員

写真:現場確認する職員

写真:現場協議する職員

写真:説明する職員

写真:検査する職員

Copyright(C)EHIME Prefecture. All rights reserved.