愛媛県庁/愛媛県職員採用情報 > 先輩職員の声 > FILE03:学校事務

FILE 03

生まれ育った愛媛県で、学校現場を多岐に渡って支える仕事がしたい

学校事務

愛媛県立今治西高等学校

主事 村上 智佳子(平成29年度入庁)

現在の仕事内容を教えてください。

教職員の給与や服務、福利厚生に関する事務を中心に、学校運営に関わる事務を行っています。教職員の手当に関わる状況の変化に気を配りながら、給与が正しく支給されるよう処理しています。また、生徒が安全・安心に充実した学校生活を送れるよう多方面からサポートしています。

職場の雰囲気を教えてください。

それぞれ担当する業務は異なりますが、学校現場がより良くなるようにという共通の意識を持って、個々の得意分野を生かしながら協力して職務にあたっています。一つのチームという雰囲気があります。

現在の職場で、特にやりがいを感じたときのエピソードを教えてください。

学校で行われるさまざまな行事について、事前に教職員で綿密な打ち合せ、準備をします。特に運動会は熱中症対策など他の行事よりも気を遣う点が多いだけに、無事に終わり、生徒の充実した表情を見たときの充足感は格別でした。

あなたの職種の魅力を教えてください。

学校・生徒・教員、この3つを多方面で支えていく、なくてはならない存在であるという点が魅力だと思います。また、学校という場所で、児童・生徒のエネルギーを感じながら働けることも魅力だと思います。

仕事をするときに心がけていることを教えてください。

コミュニケーションを大切にするよう心掛けています。職場の雰囲気を良くし、チームワークを高めることでより良い仕事ができると考えています。また、私の担当業務では、教職員の状況について把握しておくことが必須なので、そのためにもコミュニケーションを大切にしています。

仕事の疲れなど、どのようにリフレッシュしていますか?

ピラティスやヨガ、サイクリングなどをしています。運動不足も解消されますし、リラックス効果もあります。体を動かすこと以外では、映画鑑賞や音楽鑑賞。仕事以外のことに集中する時間を持つことが大切だと思います。

若手職員から受験生へのメッセージ

自分が県職員になって何がしたいか、どういう県職員になりたいかという目標をしっかり持って、その目標を達成するためにすべきことを一つ一つ積み重ねていっていただければと思います。ぜひ、学校事務職員として一緒に働きましょう。

32