令和元年度 愛媛県職員採用情報 > 勤務条件・待遇 > 勤務条件 > 女性職員によるパネルディスカッション1

ここから本文です。

女性職員によるパネルディスカッション~私の働き方と将来へのビジョン~

 「自分の働き方」「将来へのビジョン」って、なかなか大きなテーマですよね。これから就職される方はもちろん、現在働いていて、これからの自分の将来を考えている方、様々な立場の方が気になるテーマだと思います。

 そこで愛媛県では、平成28年12月25日に県の仕事の魅力発見セミナーの第1部として「女性職員によるパネルディスカッション」を開催しました。

 みなさんが気になる「私の働き方と将来へのビジョン」をテーマに、各年代のパネラーが考える「ワーク・ライフ・バランス」や、「仕事と子育ての両立」といった経験談を交えながらパネルディスカッションを行いました。

 実際に、県職員はどのような仕事をしているのか、仕事と家庭の両立は大変なのかなど、普段みなさんが疑問に感じつつもなかなか聞く機会のなかった質問にも、パネラー陣がざっくばらんに答えていますので、みなさんにとってヒントになるお話もあるかもしれません。ぜひご覧ください。

 

 

<パネラー紹介> ※パネラーの所属は、平成28年12月現在のものです。

写真:星加美樹

県民環境部 男女参画・県民協働課

主幹 星加 美樹(以下、星加

<経歴>
平成元年 入庁 西条地方局県民生活課(庶務担当)
平成3年 総務管財課(庶務担当)
文化振興課(事業担当)
平成8年 松山地方局地域福祉課(高齢者福祉担当)
平成11年2月 第1子出産 育児休業等取得(1年間)
平成12年 人事委員会事務局採用給与課(採用試験担当)
平成27年 男女参画・県民協働課(現所属)

<現在の所属と担当業務>

 男女参画・県民協働課では、男女共同参画社会づくりの企画・立案、県民協働の推進、いわゆるNPOやボランティアの活動等の推進、青少年の健全育成非行防止など多岐にわたる業務を担当しています。特に今年4月に全面施行された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律」いわゆる「女性活躍推進法」に基づく県の施策の展開や、県民の協働による地域創生の一助となる取組などを行っています。

 私は管理職のなかでも主幹という立場であり、業務執行リーダーとして、課員の執行管理のほか、企画立案などの助言・指導を行っています。

 私は今年で入庁28年目となります。今までの経歴ですが、総務部の庶務、事業系、採用試験などを担当しました。

 

写真:濱本幸子

保健福祉部 長寿介護課

担当係長 濱本 幸子(以下、濱本

<経歴>
平成9年 入庁 地域医療課(統計担当)
平成11年 今治地方局県民生活課(地域活動支援担当)
平成12年9月 第1子出産 育児休業取得(1年間)
平成14年 農産園芸課(県産農林水産物の消費拡大担当)
平成17年 松山地方局総務調整課(庶務担当)
平成20年9月 第2子出産 育児休業取得(3年間)
平成23年9月 消防防災安全課(兼務、庶務担当)
 部分休業制度利用(平成23年9月~平成26年6月)
平成24年4月 原子力安全対策課(庶務担当)
 時差出勤制度利用(平成26年6月~平成27年3月)
平成27年4月 長寿介護課(介護研修及び普及啓発担当)(現所属)

<現在の所属と担当業務>

 長寿介護課では、松山市末町にあります愛媛県在宅介護研修センターの利用促進に関すること、ケアマネさんの試験や資格管理に関する業務を担当しています。また、今年度は介護離職ゼロに向けた新規事業ということで、現役で働いていらっしゃる方向けの介護の普及啓発「介護力強化セミナー」や介護と仕事の両立を支援する協議会を立ち上げました。

 私は今年で入庁20年目になります。今までの経歴ですが、地域医療課、保健福祉課、今治地方局の県民生活課、その次の農産園芸課では「愛媛産には愛がある」というキャッチフレーズで県産農林水産物の消費拡大などを担当しました。その後、松山地方局総務調整課、そのあとに原子力安全対策課で庶務を担当しました。

 

写真:三好祥子

企画振興部 交通対策課

主任 三好 祥子(以下、三好

<経歴>
平成21年 入庁 経営支援課(中小企業支援及び庶務担当)
平成23年 東予地方局地域政策課(市町の行政・税政・財政担当)
平成26年 交通対策課(鉄道及びバス担当)(現所属)

<現在の所属と担当業務>

  交通対策課では地域のバス路線の確保・維持の支援に関する業務を担当しています。路線バスといいますと、新聞記事等でも特集が組まれていますので、みなさんご存知かもしれませんが、運営が非常に厳しく、地域の足をどう守っていくのかが問題となっています。

 私の仕事は、生活の足である路線バスなどを守るために補助制度の運用であるとか、コミュニティバス導入の際に地域の方を対象に事例紹介研修会を実施するなど、住民の足を守るという世界で仕事をしています。

 私は今年で入庁8年目になります。今までの経歴ですが、最初の配属先の経営支援課では、中小企業の方々の支援を担当しました。その後、東予地方局地域政策課では、市町の行政・税政・財政や選挙などを担当しました。

 

写真:片岡洋平

中予地方局 地域政策課

主事 片岡 洋平(以下、片岡

<経歴>
平成21年 入庁 中山高等学校(庶務担当)
平成23年 今治北高等学校大三島分校(庶務担当)
平成24年 審査課(県費審査担当)
平成28年1月 第1子出生 育児休業取得(2か月間)
平成28年 中予地方局地域政策課(市町の行政・税政担当)(現所属)

 

<現在の所属と担当業務>

 中予地方局地域政策課では、市町の行政・税政の運営に関する助言のほか、選挙や地域おこしに関する業務も担当しています。私は今年入庁8年目で三好さんと同期採用になります。私は最初学校事務として採用されまして、今はもう廃校になってしまったのですが、伊予市にあった中山高校に配属され、庶務を担当しました。そのあとの異動で配属された出納局審査課では、本庁各課が提出する会計書類が適切に作成されているかどうかの審査を担当しました。

 

まず、パネラーのみなさんの人となりを知るため、趣味やマイブーム、ご家族の状況などを教えてください。

写真:片岡洋平

片岡:妻と私、1歳になる娘の3人家族です。
趣味は、バイクに乗るのがすごく好きでずっと乗っていたんですが、子どもが産まれてからは、バイクに乗る時間がなかなか取れなくなりました。最近は、朝の情報番組をみて『自分にも料理ってできるんじゃないかな』と思い、料理を始めてみたんですが、これがなかなか難しくて奥が深いのではまっています。昨日は娘と過ごすはじめてのクリスマスイブだったので、ホットケーキミックスを使って、簡単なパンケーキを焼いてみました。一緒に食べて「おいしいね~」と言い合ったり、すごく楽しく過ごしています。

三好:今、同期入庁の片岡さんが、仕事だけでなくご家庭でも家事や子育てで楽しく頑張ってらっしゃるお話をお聞きした後なので大変恐縮なんですが、私は独身で一人暮らしをしていて、いわゆる気楽な身の上というもので、ぶらぶらと暮らしています。実家は宇和島ですが、最近親不孝にもあまり実家に帰っていないので、このお正月は帰っていろいろ手伝いをさせられるんじゃないかなと戦々恐々としているところですが、よくも悪くも自分の楽しい時間を過ごしています。

 趣味ですが、絵を見るのが好きなので、休みが取れるときには東京や関西で開催している美術展に行き、それにあわせて観光もするのが一年の中での楽しみにしています。冬休みや春休みにも美術展に行くことを楽しみにしながら、今現在仕事を頑張っているところです。

濱本:私の家族構成ですが、夫と、高校1年生の息子と、小学校2年生の娘、それから79歳になる私の父と一緒に暮らしています。上の高1のお兄ちゃんはテニス部で、そろそろ進路について考えないといけない時期です。下の小学校2年生の娘はピアノとお絵かきが好きで、まだちょっぴり甘えん坊で私も母親としてまだ少しは役割があるかなと思っています。私の父はかなりの歳になりましたが、おかげさまで幸い元気で、子育てや家事も手伝ってもらい大変助かっています。

 趣味ですが、今なかなか時間が取れないんですが、読書やテニス、水泳などが好きです。下の娘がもう少し大きくなったら一緒に乗馬でも習ってみたいなと思っています。

 マイブームですが、最近フェイスブックを始めまして、ずっと疎遠になっていた友達とも連絡を取り合うことができるようになって、とても嬉しく思っています。講師の先生ともつながりを深めることができる場合がありまして、予想外にお仕事でも役立っています。

星加:私は県職員の夫と高校3年生になる娘の3人家族です。趣味ですが、今まで家庭と仕事の両立でなかなか自分の趣味を持つことができませんでした。ただ、娘が高校3年生なので来年大学ということになると手が離れてしまいます。自分の趣味を見つけるために、自分探しを始めているところです。職場の女性の先輩職員とおいしいものを食べに行くというのが唯一の気晴らしであり趣味かなと思っています。


次項(みんなの職場の様子を聞いたよ!)
みきゃん


←前項へ 1 2 3 4 5 次項へ→

 


Copyright(C)EHIME Prefecture. All rights reserved.