文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 訪問販売で補正下着を購入したら、後日値段が高い別商品を勧められ追加購入した

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

訪問販売で補正下着を購入したら、後日値段が高い別商品を勧められ追加購入した

2010年5月17日

相談概要

出産後しばらくして、「体型のことで気になるのであれば、補正下着はいかが」と業者が来訪した。「数日、使用してください。」とサンプル下着をもらった。3日後に業者が来訪し、購入を勧められ、契約した。その1、2週間後、業者がまた来訪し、上ランクの別商品を勧められ、再度、購入した。その後も定期的に来訪があり、また、購入を勧められたが、それらは断った。「家に契約書があるとまずいなら預かってあげる。」と言われ、契約書を預けたので手元にない。
(26歳・女性)

相談処理

まずは、販売店に解約を申し出ること、交渉がうまくいかなければセンターに来所するよう助言した。後日、既払い金放棄で合意解約したとの連絡があった。

アドバイス・対処法

次々販売のアドバイス

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ