文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 応募していないのに「着物がもらえる抽選に当選した」と連絡がきた

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

応募していないのに「着物がもらえる抽選に当選した」と連絡がきた

2010年2月22日

相談概要

応募した覚えが無いのに、高1の娘に着物が抽選で当たったという電話があった。業者の話によると、全国で30名に着物が当たる抽選を行い、反響が大きかったため、追加で20名を抽選したところ、その中に娘が入っていたとのこと。好みの着物を選んでもらいたいので、県外から着物30着を持って来るという。何か買わされるのではないかと心配になり、業者に尋ねたところ「帯は付いていないため購入してほしいが、価格はそちらの言い値で結構です」と言う。後になって不安になったが、業者の連絡先も聞いていない。どうしたらいいか。
(相談者:40歳代・女性)

相談処理

他の契約を誘われる可能性もあることを説明し、対応は慎重にするよう注意を促し、今後、何かあれば、センターに相談してほしい旨伝えた。

アドバイス・対処法

  • 「当選した」「選ばれた」「そのお礼に」などの文句は、あなたを呼び出したり、コンタクトをとるためのエサです。無警戒に応じると被害にあうことが多いので注意しましょう。
  • 解約の手続きは早めに(契約書面を受け取った日から8日以内に)クーリング・オフ制度を活用して、書面で手続きしましょう。
  • 業者の説明や態度に不審な点があったり、トラブルになりそうな場合には、早めに消費生活センター等の相談窓口にご相談下さい。

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ