文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 羽毛布団の無料点検に訪れた業者から強引に新しい布団を契約させられた

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

羽毛布団の無料点検に訪れた業者から強引に新しい布団を契約させられた

2010年2月22日

相談概要

隣に住む一人暮らしの老人宅に、無料で羽毛ぶとんの点検をしてあげるとセールスマンが来訪し、「ふとんにカビが生えているのでクリーニングして新品同様に再生したほうがよい」と半ば強引に高額な契約をさせられ、クレジット払いにしたようである。解約したいと相談されたがどうすればよいか。
(70歳・男性)

相談処理

クーリング・オフの方法を説明し、早急に販売会社及びクレジット会社双方に解約する旨書面を送るよう助言した。

アドバイス・対処法

  • 危険だと言われても鵜呑みにせず、信頼のおける地元の業者や設計士等の専門家にもう一度調べてもらってから、本当に必要なものかどうか判断しましょう。
  • 契約を急がせたり、勝手に施行する業者は悪質です。クーリング・オフ制度を活用して、直ちに解約手続き(書面で)をとりましょう。
  • 断っているにもかかわらず強引に家の中に入ってきたり、承諾もしていないのに強引に施行するのは、犯罪です。すぐに警察に連絡しましょう。
  • 業者の説明や態度に不審な点があったり、トラブルになりそうな場合には、早めに消費生活センター等の相談窓口にご相談下さい。

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ