文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 「スーパーの新規開店の宣伝」と言われ近所の駐車場で祖品をたくさんもらっていたら、その場の勢いで電位治療器を購入してしまった

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

「スーパーの新規開店の宣伝」と言われ近所の駐車場で祖品をたくさんもらっていたら、
その場の勢いで電位治療器を購入してしまった

2010年2月22日

相談概要

父が、「今度、近くにスーパーを開店するので宣伝に来ました。」と誘われ近所の駐車場に出向いた。そこで「これいる人と」言われ、粗品をたくさんもらっている間に「今度はこれ」と言われたので思わず手を上げたら電位治療器を購入することになってしまった。解約したいと思い電話を入れたところ了承はされたが、クーリング・オフできたか不安である。どうしたらよいか。
(64歳・男性)

相談処理

書面でクーリング・オフの通知を出すよう手続き方法を助言した。

アドバイス・対処法

  • 販売目的を隠して会場を借りたり、勧誘していることが多いので、甘い話にはのらないようにしましょう。
  • 強引に買わされても泣き寝入りせず、直ちにクーリング・オフ制度を利用して解除手続きをしましょう。
  • 業者と交渉するときは、一人ではせず、友人・知人たちと一緒にしましょう。
  • 業者の説明や態度に不審な点があったり、トラブルになりそうな場合には、早めに消費生活センター等の相談窓口に相談してみましょう。

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (相談室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ