文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 電力会社から委託された社員を装い高額な配線機器の購入を勧めてきた

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

電力会社から委託された社員を装い高額な配線機器の購入を勧めてきた

2010年7月20日

相談事例

作業服を着た男性2人組が、「漏電の検査をする」と言って勝手に上がり込み、「このままでは火災や漏電の原因になる」と言って高額な配線機器を勧められ購入した。後で事業者に事実確認すると、漏電の検査は実施していないことを知り、警察に被害届を提出した。

問題点

  • 独居高齢者宅に、「漏電を検査する」などと電力会社職員を装い、点検・配線修理代金等をだましとる目的を隠して訪問する。また、「このままでは火災になる」などど不安をあおり、消費者の錯誤を誘い勧誘する。

アドバイス

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ