文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 「保健所の方から乳幼児の様子を見に来ました」と女性が訪ねてきた

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

「保健所の方から乳幼児の様子を見に来ました」と女性が訪ねてきた

2010年2月22日

相談事例

「保健所の方から乳幼児の様子を見に来ました」と言って、身分証明書らしきものを持った女性が訪れた。いろいろ話をしているうちに産制具を勧められ、つい購入してしまったが、どうも様子が変だし、高額なうえ量が多すぎるので解約したい。

多発被害者

女性、高齢者

主な取扱商品

  • 産制具
  • 消火器
  • 表札
  • ガス漏れ警報器など

手口の解説

「保健所の方から・・・」「消防署の指導で・・・」などと、公的機関からの訪問を装い、また「設置が義務付けられている」「・・・の許可を受けている」などと、法的義務を強調して、消費者の錯誤を利用して販売する商法です。

消防署や保健所など公的機関では、訪問販売で物品を売ったり、販売を業者に委託するようなことはありません。

アドバイス

  • 「保健所の方から・・・」「消防署の指導で・・・」「水質検査をしています」などと公的な機関からの訪問を装い、また「設置が義務づけられている」「・・・の許可を受けている」などと法的義務を強調するなどして、消費者の錯誤を利用して勧誘販売する手口です。
  • 保健所や消防署など公的機関では、訪問販売で物品を売ったり、販売を業者に委託するようなことはありません。
  • 業者の説明や態度に不審な点があったり、トラブルになりそうな場合には、すぐに消費生活センター等の相談窓口にご相談下さい。

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ