文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 訪問販売で家庭教師付きの教材を契約したが解約したい

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

訪問販売で家庭教師付きの教材を契約したが解約したい

2010年2月22日

相談概要

訪問してきた販売員に、家庭教師を派遣するので補習用教材を購入しないかと勧められ、子どもには相談しないで購入契約をした。教材は届いたが、子どもに使う意思がなく未開封のままになっている。家庭教師も教材と一体の料金かと思っていたが別契約だった。毎月の支払いが大変なので解約したい。

  • 契約購入金額:72万円

相談処理

教材販売と家庭教師派遣とが実際は別契約なのに、あたかも一体の契約であるかのように説明、勧誘されたために、一体であると錯誤して契約したことを業者に伝え、交渉の結果、家庭教師派遣は中途解約で、教材も未開封分を引き取り中途解約することで合意した。

問題点

  • 教材販売と家庭教師派遣とが実際は別契約なのに、あたかも一体の契約であるかのように説明、勧誘し、中途解約を申し出ると、家庭教師派遣は中途解約できるが、教材はできないと言って中途解約に応じない。

アドバイス

  • 教材と家庭教師が別契約になっている場合には、家庭教師の契約は中途解約できますが、教材は中途解約できません。ただし、勧誘時に販売員が教材と家庭教師派遣があたかも一体の契約であるかのように説明し、そのために一体であると錯誤して契約した場合には、業者との合意により教材も解約できる場合があります。
  • 3年間、5年間と長期間にわたる教材を一度に契約させ、中途解約には応じないという悪質な業者もみられます。1年以上の長期にわたる契約はリスクが大きいので避けた方が無難です。
  • 教材は、それを使う子どもの能力や意欲に合わせて利用するものであり、親の判断だけで、しかも一度に多量の教材をそろえることは止めましょう。契約は慎重にしましょう。
  • 販売目的を隠して勧誘するケースが多いので、とくに契約書等の書類はよく確認しましょう。誤認による契約だったり、必要がなければ直ちにクーリング・オフの手続きをとりましょう。
  • 断っても、執ように居ずわって勧誘され、契約してしまった場合には、消費者契約法(平成13年4月1日施行)に基づき契約を取り消すこともできますので、最寄りの相談窓口や警察署に連絡しましょう。
  • 万一、トラブルになりそうな場合には、体面を気にせず、早めに消費生活センター等の相談窓口にご相談下さい。

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ