文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 過去にFAX指導付き教材を契約した業者に騙されて名義を貸した

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

過去にFAX指導付き教材を契約した業者に騙されて名義を貸した

2011年7月12日

相談概要

以前に、5~6年前に子どものFax指導付教材を契約した業者が訪ねてきて、「以前の契約のお礼に布団を差し上げます。ただ、書類上、名義を貸してほしい。」と言われ、クレジット申込書に署名、捺印し、信販会社の確認にも応じた。
ところが先日、信販会社から支払の督促通知がきて、だまされたことがわかった。業者に連絡したがつながらない。どうしたらいいか。

  • 契約購入金額:不明
  • 契約当事者:40代、主婦

相談処理

”名義貸し”であることを説明し、信販会社に事情を話し、業者と話し合って取消し処理を申し入れてみるよう助言した。

問題点

  • 以前に契約した人を狙った二次被害である。
  • プレゼントだと偽って、名義を借りる詐欺的行為である。
  • 消費者を巻き込む悪質な手口である。

アドバイス

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ