文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 「母子寮の費用にするので商品を買ってほしい」と訪問され購入した

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

「母子寮の費用にするので商品を買ってほしい」と訪問され購入した

2010年2月22日

相談概要

母子寮から来たと訪問されて、「母子寮の費用にするので、商品を買ってほしい」と言われ、衣料用乾燥剤とストッキングを買った。近所の人に聞いたところ「騙されたのだ」と言われた。本当に騙されたのだろうか。業者名もわからないし、領収書も受け取っていない。どうすればいいか。

  • 契約購入金額:13200円
  • 契約当事者:20歳代、女性

相談処理

福祉商法について説明するとともに、公的機関が商品等を売り歩くことはないので、今後は十分気をつけるよう助言した。

問題点

  • 福祉商法である。

アドバイス

  • 福祉とかボランティアとか言われれば断りにくいものですが、煎じ詰めれば押しつけ商法と同じものです。素性のわからない福祉団体には注意しましょう。
  • 解約の手続きは早めに(契約書面を受け取った日から8日以内に)、クーリング・オフ制度を活用して書面で手続きしましょう。
  • 業者の説明や態度に不審な点があったり、トラブルになりそうな場合には、早めに消費生活センター等の相談窓口にご相談下さい。

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ