文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 福祉団体名義の手紙が届き、「収益金の一部が寄付金になる」と靴の中敷きと振込用紙が同封されていた

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

福祉団体名義の手紙が届き、「収益金の一部が寄付金になる」と靴の中敷きと
振込用紙が同封されていた

2010年2月22日

相談概要

ある福祉団体名義の手紙が突然まい込み、「盲導犬の普及にご協力を」との文書と一緒に、靴の中敷と振込用紙が同封されていた。収益金の一部が寄付金になるとあるが、信用できるか。

多発被害者

女性、高齢者

主な取扱商品

  • アイマスク
  • 財布類
  • ボールペンなど

手口の解説

福祉団体と名乗るところから突然、商品が送られてきて、「団体の趣旨に賛同するなら買い上げてほしい、協力しないなら返品してくれ」というものです。福祉とかボランティアとか言われれば断りにくいものですが、せんじつめれば押し付け商法と同じものです。

アドバイス

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ