文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > エステの途中解約の返金を大量の化粧品で充当された

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

エステの途中解約の返金を大量の化粧品で充当された

2010年2月22日

相談概要

エステサロンで契約したが、引越しすることになり、店舗に伝えたところ、役務の提供をまだ受けていない残りの代金20万円分は大量の化粧品で充当された。化粧品の消費期限は1年間で、とても期限内に使い切れない。当初の契約で、「サロンをやめる場合は、残りの契約を化粧品で充当する」と説明を受けていた。何回かに分けて渡してもらえるように、エステサロンと交渉中である。
(30歳代・女性)

相談処理

エステ契約の中途解約について説明し、再度、業者に申し出るよう伝えた。何かあれば、再度センターに相談してほしい旨伝えた。

アドバイス・対処法

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ