文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年3月6日

デート商法2

2010年2月22日

相談概要

男性から、興味のあるファッションに関するアンケート電話がかかり、アンケートに答えたところ、携帯電話番号やメールアドレスを聞かれ断りきれず教えた。後日、個人的に会おうと電話があり、一度は承諾したが、考え直しメールで断った。すると男性から「会って自分を評価してほしい」と言われ、渋々喫茶店で会うことになった。その時初めて、ジュエリーのイベントがホテルで開催されていることを知らされ、「見せてあげるから」とホテルに連れて行かれた。長時間勧誘され、契約しないと帰れない状況で契約したが、商品も受け取っておらず、クーリング・オフしたい。
(20歳代・女性)

相談処理

相談日が、契約後8日以内(アポイントメントセールスによるクーリング・オフ期間)であったため、契約解除通知の記載方法について説明し、書面で発信するよう助言した。

アドバイス・対処法

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ