文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 未成年の時に親しくなった女性に誘われ、20歳の誕生日に高額な貴金属を契約させられた

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

未成年の時に親しくなった女性に誘われ、20歳の誕生日に高額な貴金属を契約させられた

2010年2月22日

相談概要

未成年の時に、女性から「アクセサリーのイベントに来てほしい」と電話で誘われ、その後も何度か携帯電話とメールで連絡を取り、喫茶店で数時間話をした後、展示会場に案内された。高額な貴金属を勧められ、断りきれず契約書に記名し、拇印を押した。翌日、親には内緒で通帳と印鑑を展示会場に持参したところ、その日が20歳の誕生日であったため、ケーキと花束で祝ってもらった。女性からは「返品しないで」と言われていたため、ずっと悩んでいたが、解約したい。
(20歳代・男性)

相談処理

問題点(未成年時の勧誘、販売目的隠匿、長時間勧誘、クーリング・オフ妨害)を挙げ、斡旋の結果、違約金を販社に支払うことで、合意解約となった。

アドバイス・対処法

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ