文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > 街で男性に声をかけられ喫茶店で話していたら

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

街で男性に声をかけられ喫茶店で話していたら

2010年2月22日

相談概要

街で男性に声をかけられ、喫茶店に行き、話をしていたが、途中で男性が「仕事がある」と一度店を出た。しばらくして男性が戻り「今から僕がデザインした指輪を見に行こう。君に持っていてほしい。見るだけでもいいから」と誘われた。「お金が無い」と断ったが、「節約すれば大丈夫」と言われ、ホテルのロビーに連れて行かれ、別の男性2人も現れ、購入を勧められ、断りきれずに高額な指輪を契約した。解約したい。

主な勧誘の手口

駅や商店街などの路上で、「アンケートに答えてください」「安く販売しています」などと呼び止められ、喫茶店や営業所(店舗)などに誘われて、商品や役務を勧誘されるものです。友人と一緒にいる時に声をかけられると、軽い気持ちでついて行きがちですが、友人の手前、断わり切れず契約してしまったり、別々の部屋で勧誘されるケースもあります。

主な商品

化粧品・美顔器・エステティックサービス・アクセサリー・絵画など

多発被害者

若い女性

アドバイス・対処法

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ