文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > トラブル事例 > くらしの消費者トラブル > アンケートに答えたら携帯に電話がかかってきた

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

アンケートに答えたら携帯に電話がかかってきた

2010年2月22日

相談概要

学生向けアンケートに答えたところ、携帯に電話がかかり、2日間連続で販社の事務所に呼び出され、両日とも3時間の長時間勧誘を受け、断りきれず英会話教室の契約をした。中途解約したいが、販社には怖くて申し出ていない。電話レッスンを7回受講しているが、解約したい。

主な勧誘の手口

電話やはがきで、「あなたが選ばれました」「海外旅行に安く行けるいい話があります」「会って話がしたい」などと、真の販売目的を隠して喫茶店や営業所などに呼び出して勧誘販売する方法です。説明では、高額な商品の売買が主な契約であるのに、役務(会員サービスなど)が主であると思わせたり、契約の内容や条件の重要なところを知らせないで、特典を強調するケースが多くみられます。また、長時間にわたる勧誘や脅迫的な勧誘など強引なケースもみられます。この手口は異性が誘ってくる場合が多く、出会い系サイトなどで知り合いになった人からデートを装い誘い出されることもあり(デート商法)、20歳の誕生日が過ぎる頃に勧誘が増えます。

主な商品

アクセサリー・複合サービス会員・教養娯楽教材・絵画など

多発被害者

若者 若者

アドバイス・対処法

  • 呼びかけるのは何か目的があってのことです。安易に呼びかけに応じたり、ついて行くのは避けましょう。(立ち止まらないことです。)
  • アンケートは、不安や悩みを探る手段と心得ましょう。
  • 「悩みはない、時間がない、お金がない」と乗り切りましょう。
  • アポイントメントセールスで、販売目的を告げられずに呼び出されて契約をした場合は、契約書面を受け取ってから、8日以内であれば、書面によりクーリング・オフができます。

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ