文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年3月4日

突然見知らぬ男性からメールが届いた

2010年2月22日

相談概要

1ヶ月前に、突然見知らぬ男性からメールが届き、数回やり取りをした。「大阪で宝石のデザイン・販売をしている」と聞いていたが、「今、市内の宿泊しているホテルで展示会をしているが、見に来ないか」と誘われ出かけた。展示会場で、販売員と店長が入れ替わりで「人生を変えてみないか。同じ宝石を購入してセレブになった人がいる。既に加工業者に連絡した」と長時間勧誘され、数回断ったが、会議室の入口に女性が2名いたため契約しないと帰れず、高額なネックレスを契約してしまった。解約したい。
(20歳代・男性)

相談処理

斡旋の結果、販社は問題点(販売目的隠匿、長時間勧誘、威迫・困惑行為、公衆の出入りしない場所での勧誘行為)を認めなかったが、無条件で合意解約することになった。念のため、契約解除通知を書面で発信した。

アドバイス・対処法

  • 呼びかけるのは何か目的があってのことです。安易に呼びかけに応じたり、ついて行くのは避けましょう。(立ち止まらないことです。)
  • アンケートは、不安や悩みを探る手段と心得ましょう。
  • 「悩みはない、時間がない、お金がない」と乗り切りましょう。
  • アポイントメントセールスで、販売目的を告げられずに呼び出されて契約をした場合は、契約書面を受け取ってから、8日以内であれば、書面によりクーリング・オフができます。

「くらしの消費者トラブル」一覧へ

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ