文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年3月3日

【気になる相談】SNSを利用する際は慎重に!

若い人たちの間で、SNSをきっかけにトラブルに巻き込まれるケースが増加しています。SNSでは、共通の目的をもった仲間同士が交流し、情報交換をするうちに仲間意識が芽生えて、つい気を許してしまいがちになります。
しかしネットの向こう側には、そのような仲間意識を悪用しようとする者が少なくありません。高価な宝石の購入、マルチ商法、出会い系サイトに誘導される例もあります。親しげに近づいて個人情報を聞き出して実際に会い、言葉巧みに高額な商品やサービスを契約させようとします。
SNSで共通の目的や情報共有する仲間を友人として信じてしまっているので、容易に断ることができない雰囲気になるようです。トラブルにあわないためには、ネット上で知り合った人に対して、安易に個人情報などを教えないこと、要求に応じて安易に会わないこと、勧誘されてもその場で絶対に契約しないことが重要です。
(注)SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略で、自己のプロフィールを登録・公開することで、インターネット上において友人・知人等とつながり、交流できるウェブサイト・サービスのことをさします。

相談事例1

SNSのサイトで知り合った人から、「コンサートチケットを譲る」とメッセージが届いたので連絡をとり、代金を振り込んだがチケットが届かない。そこでメールを送ってみても相手に届かない。

相談事例2

SNSで女性と知り合い、メッセージのやり取りをしていたが、その後、出会い系サイトに誘導された。後日女性から「会員になろう」と言われ、料金を支払って会員になったが、女性が金銭のことをしきりに出してくるので不信感をいだきはじめた。そこで退会しようとするが、なかなか退会できない。

アドバイス

SNSを過信しないようにしましょう。

SNS上で知り合った相手が、どのような意図をもっていて、どんな性格かも分からないので、書き込まれた内容を、むやみに信じ込まないようにしましょう。中には最初から詐欺をはたらこうと企てている人もいるので、相手がしつこく勧誘をしてきたら、即答をしないでください。

出会い系サイトへの勧誘には注意をしてください。

悪意をもった相手は、異性への注意をひきながら、出会い系サイトへ入会させようとする事例が多くあります。少しでも疑問に思ったり、あるいはトラブルになった場合は、すぐに最寄りの消費生活相談窓口に相談しましょう。

愛媛県内のすべての市町に「消費生活相談窓口」が設置されています。

消費生活相談窓口
印刷用PDF(PDF:126KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ