文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > 消費者啓発 > 愛媛県消費生活センター 消費者情報プラザ > 【気になる相談】「代わりに買ってくれれば高値で買い取ります・・・」そんな甘い話はありません!!

ここから本文です。

更新日:2020年3月3日

【気になる相談】「代わりに買ってくれれば高値で買い取ります・・・」そんな甘い話はありません!!

社債や未公開株の購入、投資用マンションなど、詐欺的な利殖商法に関する相談が高齢者を中心に増えています。
見ず知らずの事業者から「必ず値上がりする、いい投資になる」と勧誘されて、高額な出資を促されるケースや、「特別な人しか買えないので、代わりに買ってくれたら高値で買い取る」「名前を貸してくれたら謝金を払う」などと誘われて、安易に承諾した結果、トラブルに巻き込まれるケースもあります。
社債や未公開株などは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。仕組みが複雑なうえ、事業者の実態がよくわからない場合は、信用性を疑う必要があります。

相談事例1

大手証券会社を名乗る人から、「あなたが以前申し込んでいたA社の社債の購入枠が取れたので買わないか」と電話で勧誘があった。全く覚えがなかったので断ったが、その後何度もかかってきて困っている。

相談事例2

「投資用マンションに興味はないか」と電話があり、話を聞くだけならと翌日業者に会ったところ、深夜まで勧誘を受け、契約してしまった。その後、やはりやめたいと思い解約を申し出たが応じてくれない。

アドバイス

  • 見ず知らずの事業者から、突然うまい儲け話を持ちかけられても、「そんな甘い話はない」と耳を貸さず、きっぱりと断りましょう。また、万が一契約してしまった場合でも、一定の条件を満たす場合には、クーリング・オフ制度が適用される可能性もありますので、簡単にあきらめないようにしましょう。
  • セールストークを信じて実際に投資をしても、確実に約束通り買い取ってもらえる保証はなく、すぐに事業者とは連絡がとれなくなってしまうこともあります。安易な気持ちで名前を貸すことに同意すると、後で他の業者から「名義貸しは違法だ」などと脅され、入金を迫られたという事例もあります。
  • 不安なことがあったりトラブルに巻き込まれた場合は、一人で悩まず、県の消費生活センター等の最寄りの消費生活相談窓口に相談しましょう。愛媛県消費生活センターでは消費生活に関する相談を受け付けており、また、愛媛県内のすべての市町には「消費生活相談窓口」が設置されています。

消費生活相談窓口
印刷用PDF(PDF:120KB)
気になる相談一覧へ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ