文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > 消費者啓発 > 愛媛県消費生活センター 消費者情報プラザ > 【気になる相談】インターネットには様々な危険が潜んでいます!

ここから本文です。

更新日:2020年3月3日

【気になる相談】インターネットには様々な危険が潜んでいます!

最近は多くの小学生が携帯やスマートフォンを持っており、また、70歳以上の高齢者においてもパソコンに触れる機会が増えるなど、誰でも気軽にインターネットを楽しむ時代となっています。
このような世情を背景として、当センターには、インターネットに関する様々なトラブルの相談が年間を通して最も多く寄せられています。
なかでも、「自分の意思に反して」会員登録になってしまい、高額な請求を受けてしまったという相談は、年齢、性別に関係なく寄せられており、未成年者がトラブルの当事者というケースも発生しています。

相談事例1

パソコンを開いてみると、会員登録完了画面が出て、約10万円を請求する画面が出ていた。自分には覚えがなかったので家族に聞いてみると、10代の子どもが、有料とはわからず興味本位でサイトに入り、年齢確認ボタンをクリックしたら、突然有料登録となってしまったことが判明した。業者に電話をして、登録したのは未成年だと主張したが聞いてもらえず解約に応じてもらえなかった。

相談事例2

無料の画像サイトがあったので閲覧中、広告画像をクリックしたら会員登録画面になった。登録をやめようとしてサイトを閉じると、登録済になり高額請求を受けた。業者に電話すると、「登録済になっているから登録料の支払い義務がある」との一点張りだった。

アドバイス

興味本位で無料画像サイトを閲覧しないようにしましょう。

「無料」とうたっていても、年齢の確認や利用規約への同意など何回かクリックした結果、本人が意図しないうちに有料サイトに登録になっていることがあります。同意を求められる場合は、何に対して同意を求められているのか必ず確認し、少しでも不審だと思ったら先の画面に進むことはやめましょう。

請求画面に驚き、慌てて業者に連絡しないようにしましょう。

業者の問い合わせ先にメールを送ったり電話をしたりすると、新たな個人情報を知らせることになり、更なる請求につながるおそれがありますので絶対にやめましょう。サイトによっては、画面上に「退会される場合はこちらをクリック」といったボタンが用意されていることもありますが、これも、消費者から連絡させようとするのが狙いですので、絶対にそこから連絡をとったりしないようにしましょう。

請求に応じて支払ったりしないようにしましょう。

消費者が有料サイトなどに申し込む意思がなく、また契約内容の確認画面や訂正画面もなく有料登録された場合、契約の無効を主張できる場合がありますので、絶対に支払ったりしないでください。

未成年者が利用する場合は、フィルタリングサービスなどを利用しましょう。

保護者の方はインターネットの利用について親子でルールを決め、何かあったらすぐに相談するなど、使い方についてよく話し合っておきましょう。また。未成年者に利用させる場合はフィルタリングサービスなどを利用し、安全に利用させるようにしましょう。

 

悪質な業者は、様々な手口を使って、私たちからお金を手にしようと企んでいます。大切なのは、インターネットには様々な危険が潜んでいることを認識しておくことです。もしもトラブルになった場合は、すぐに最寄りの消費生活相談窓口に相談しましょう。

愛媛県内のすべての市町に「消費生活相談窓口」が設置されています。

消費生活相談窓口
印刷用PDF(PDF:148KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ