文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > 消費者啓発 > 愛媛県消費生活センター 消費者情報プラザ > 【気になる相談】”遠隔操作”によるプロバイダ契約トラブルに再び注意!

ここから本文です。

更新日:2020年3月3日

【気になる相談】”遠隔操作”によるプロバイダ契約トラブルに再び注意!

パソコンの遠隔操作によるプロバイダ変更の消費者相談が増えています。
その流れは次のようなものです。
ある日突然、電話がかかり、工事も不要で画面上の操作だけで作業が完了するなどと言葉巧みに勧誘し、遠隔操作用のソフトをダウンロードさせられます。その後、自分のパソコンに表示されたIDやパスワードを相手側に伝えることにより、相手のパソコンから遠隔操作をされて契約となってしまうものです。
このように遠隔操作をさせるということは、自分のパソコン内にある情報を業者が見ることになりますので、データ保護の観点から問題があります。さらに、業者が、頼んでいないサービスを勝手に申し込まれてしまうトラブルもあるので、遠隔操作によって何が行われるかをきちんと確認しておく必要があります。

相談事例1

大手電話会社と勘違いさせるような口ぶりで、「プロバイダを変更すると安くなる」と電話があり、業者に遠隔操作をされ、プロバイダ契約をしたが安くならないので解約したい。

相談事例2

電話で、インターネット料金が安くなると勧められ、遠隔操作でプロバイダ変更を了承したが、直後に解約を申し出たら解約料を請求された。

アドバイス

大手電話会社名に惑わされないようにしましょう。

プロバイダ変更の勧誘電話の際には、大手電話会社の系列事業者であるかのような口ぶりで、消費者を安心させて遠隔操作を承諾させる例が見受けられますので、相手の事業者の確認には細心の注意を図りましょう。

安易に安い料金に飛びつかないようにしましょう。

電話勧誘の際には、料金が安くなることを第一に示され、プロバイダの変更を勧めるやり方がほとんどです。条件によっては、必ずしも安くならない場合もありますので、料金体系を十分理解したうえで、判断してください。
また、一旦契約したものの、途中で解約する場合に解約金を請求される事例も見受けられるので、よく確認した上で契約してください。

愛媛県内のすべての市町に「消費生活相談窓口」が設置されています。
消費生活相談窓口
印刷用PDF(PDF:111KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ