文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年3月3日

【気になる相談】エステの契約は解約できます!

 

新聞折り込みなどで、エステティックサロンの「無料体験」「格安体験」の広告が目を引きます。体験のあとに、コース契約を勧められ契約したけれど、効果がない、説明と違う、次々と契約を迫られる、都合で通えなくなった等の理由で契約期間途中に「やめたい」という相談があります。
エステティックサービスの契約はサービスの質が契約前にわかりにくいことや契約期間が長くなる場合は途中で事情が変わることがあるため、特定商取引に関する法律では、契約期間が1ヶ月を超え、総額が5万円を超える契約の場合、クーリング・オフ期間(契約日から一定期間内であれば無条件で契約解除できる制度)を過ぎても、理由の有無に関係なく解約できる「中途解約」の制度が設けられています。

相談事例

友人から脱毛エステを紹介され、店舗へ無料体験に出向いた。その後担当者から、他の部位の脱毛を含めた高額な20回コースを勧められて契約したが、クレジットでの支払いが困難になったので解約したい。

アドバイス

  • エステティックサービスの契約は、受けたサービスの代金と使用済みの化粧品等の代金および解約手数料を支払うことで中途解約が可能です。
    解約をする場合には、その行為を確実にするため、書面により中途解約を申し出るようにしましょう。
  • 契約書に署名をしているということは、規約についても了承したということになります。契約書面に署名をする際には、不明な点について納得がいくまで説明を受けるようにしましょう。
  • トラブルを避けるためには、消費者も契約に対する責任を認識し、言われるまま、契約に応じるのではなく、必要なものなのかよく考えましょう。また、きっかけとなった広告やチラシ、パンフレット等を保存しておくことも大切です。いずれにしても高額な契約は即決を避け、慎重にしましょう。
  • 不安なことがあったりトラブルに巻き込まれた場合は、一人で悩まず、最寄りの消費生活相談窓口に相談しましょう。
    愛媛県消費生活センターでは消費生活に関する相談を受け付けており、また、愛媛県内の全ての市町には「消費生活相談窓口」が設置されています。

消費生活相談窓口
印刷用PDF(PDF:101KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ