文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2020年3月3日

【気になる相談】学習教材の長期契約には要注意!

 

訪問販売や電話勧誘などで学習教材を、3年分、6年分と一括契約させられるケースが発生しています。しかし、「子どもが使わない」「成績が上がらない」ということになっても、契約から8日間を過ぎた中途解約は、とてもむずかしくなっています。解約できたとしても、高額な解約料を請求される場合もあります。

その場ですぐに契約するのではなく、価格や内容について、市販品と比べてみることも大切です。

学習の方法は学年や個人によって違います。子どもの成長に合わせるためにも、長期間にわたる契約は避けた方がよいでしょう。

相談事例

現在中学2年の子どもに家庭教師を頼みたいと考えていたところ、家庭教師の電話勧誘がかかってきた。来訪し説明を聞いた上で家庭教師をお願いしたいと言ったところ、家庭教師を利用するためには教材も同時に購入する必要があると言われた。「他の教材を持っているので、既存の教材を使って指導してもらえないか」と伝えたが、「ダメだ」と言われた。家庭教師を頼みたかったため、他の兄弟にも教材を使用できると言われ、契約してしまったが後悔している。

アドバイス

  • 教材を使うのは子どもです。まず子どもと十分話し合いましょう。
  • 4時間以上の勧誘に、根負けして契約してしまった事例もあります。不要な契約には、早めにきっぱり断るようにしましょう。
  • 契約を急ぐ業者には要注意です。複数の業者の教材を取寄せるなど十分吟味し、業者選定を行いましょう。
  • 一度に長期間、多量の契約をせずに、様子を見ながら増やしていくなど、慎重に対応しましょう。
  • 不安なことがあったりトラブルに巻き込まれた場合は、一人で悩まず、最寄りの消費生活相談窓口に相談しましょう。愛媛県消費生活センターでは消費生活に関する相談を受け付けており、また、愛媛県内の全ての市町には「消費生活相談窓口」が設置されています。

消費生活相談窓口
印刷用PDF(PDF:94KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:(相談専用)089-925-3700 (事務室)089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ