文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > 消費者啓発 > 愛媛県消費生活センター 消費者情報プラザ > 【気になる相談】複雑化かつ巧妙化している架空・不当請求に注意!

ここから本文です。

更新日:2020年3月3日

【気になる相談】複雑化かつ巧妙化している架空・不当請求に注意!

 インターネット利用中に画像などをクリックしただけで、いきなり登録が完了し、料金請求画面が表示された」「総合情報サイトの退会手続きをしていないので料金が発生していると書いてある、身に覚えのないメールが届いた」「アダルトサイト料金を延滞していると電話があったが、心当たりがない」「利用の覚えのない請求ハガキが届いた」など、架空請求・不当請求にはいろいろな手口があり、その内容も日々変化し、複雑化かつ巧妙化しています。いずれも「すぐ払わなければ個人情報を調べる」「自宅や勤務先に集金に行く」「法的手続きをとる」等と脅して不安をあおり、連絡を促す手口です。
 身に覚えのない請求や、契約する意思もなく、勝手に登録されたサイトからの請求に応じる必要はありません。無視してください。連絡をすれば、かえって脅されますので、絶対に連絡しないでください。不安に思い払ってしまうと、更に高額な請求をされます。絶対に払ってはいけません。

 

【相談事例】
スマホに民事告訴予告通知の表題で、「以前登録された情報サイトの無料期間終了後も退会処理がなされていないため料金が発生している」というようなメールが届いた。しかし、今まで、どのサイトにも登録した覚えがない。

 

【アドバイス】
〇 架空請求業者の目的は、まずお金をだまし取ること。でもそれだけでなく、わざわざ連絡をしてきた人の個人情報を集めて「ダマしやすいカモリスト」を作ることも目的なのです。だから安易に業者に連絡をとらないようにしましょう。

〇 請求はがきが届いても無視することが一番です。こちらから問い合わせたりすると脅しめいた請求をされたり、新たな個人情報を漏らすことになりかねませんので注意しましょう。

〇 はがきやメールなど請求文書は証拠として、念のため保存しておきましょう。

〇 不安なことがあったりトラブルに巻き込まれた場合は、一人で悩まず、最寄りの消費生活相談窓口に相談しましょう。

 愛媛県消費生活センターでは消費生活に関する相談を受け付けており、また、愛媛県内の全ての市町には「消費生活相談窓口」が設置されています。

消費生活相談窓口

印刷用PDF(PDF:94KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消費生活センター

〒791-8014 松山市山越町450 

電話番号:089-926-2603

ファックス番号:089-946-5539

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ