close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 知事 > ようこそ!愛媛県知事室へ > 知事記者会見録 > 知事記者会見録(平成30年度) > 県外民間企業等経験のある総合土木職・林業職の職員採用試験の実施に関する記者発表の要旨について

ここから本文です。

更新日:2018年8月27日

県外民間企業等経験のある総合土木職・林業職の職員採用試験の実施に関する記者発表の要旨について

日時 平成30年8月24日(金曜日)15時22分~15時27分

場所 知事会議室

 

(知事)

 豪雨災害を受けまして、被災者の生活支援はもとより、道路や河川等インフラ関係の速やかな復旧対策に鋭意取り組んでいるところでありますが、さらにスピード感をもって復旧に取り組むとともに、将来起こり得る大災害に備えるため、今回、新たに県外の民間企業等で培った先進的・専門的なノウハウを備える即戦力となる人材を緊急募集することといたしましたので、発表させていただきたいと思います。

 今回募集する職種と人数は、総合土木職が10名、林業職が3名の計13名でございまして、本日の午後1時から9月18日までの26日間、県職員採用情報ホームページから募集を受け付けることとしました。

 本県が緊急的に求める人材像としては、大規模災害の復旧事業や農業農村整備、林業等の分野における復興事業の実務経験であったり、工期短縮、生産性、安全性の向上を図るため ICT 機器を活用した工事等の実務経験のある方。また、インフラメンテナンスの実務経験のある技術者であり、全国から広く募集したいと考えております。

 県では、これまで行政改革に終わりはないとの認識の下で、厳しい定員管理に努めてまいりましたが、今回、特に緊急の対応を要する職種について、上乗せで採用を行うこととし、全体の定員については、復興業務のめどが立った段階で、今後の大量退職の中で吸収していきたいと考えております。

 現在、ふるさと愛媛を離れて県外で働かれている対象となる方々や、愛媛県への移住を考えている方の中で対象となる方々など、全国の大勢の皆さんの中で、「愛媛県の復興に力を尽くすために立ち上がりたい」、「愛媛に来たい」という熱い思いをお持ちの方に、ぜひとも愛媛県職員を目指していただきたいと考えておりますので、報道機関におかれましても、ぜひ周知の方、ご協力をいただけますように、よろしくお願い申し上げたいと思います。

 以上です。

 

(南海放送)

 こちらの採用は正職員。

 

(知事)

 正職員です。

 

(南海放送)

 特に期限を切るわけでもなく。

 

(知事)

 ないです。明らかに人数がちょっと足りないんですね。今、全国の自治体にも技術職の人員の派遣を要請しているんですが、要望に対して、そこまで手当ができないという状況にありますので、緊急的に募集をすることといたしました。ただ、これだけのノウハウを持っている人材となりますと、期限付きではなかなか門を叩いていただけないので、正職員として目指していただきたいということで、こうしたことを初めて行うことといたしました。

 

(南海放送)

 募集の背景としては、元々そういう土木系の方が不足していて、今回の豪雨災害が重なって、やはりどうしてもこう緊急的に募集しないといけなくなったと。

 

(知事)

 そうですね。行革のこともやらなきゃいけないテーマでしたから、ピーク時と比べると技術職員はかなり減っています。ただし、その減っている中で、これまでどおりの仕事はきちんとできると。非常に一人一人が能力の高い職員を選定して採用してますので、そこは何とかなっていたのですが、さすがにこれだけの大規模な災害に既存のメンバーだけで対処できるかと言うと、それは無理があると。で、地方自治体、知事会等にもお願いしてですね、各県や他の自治体から技術職をとお願いしていたんですけれども、なかなかそれぞれ広島も岡山も同じ状況ですし、確保できないという状況でしたので、踏み切ることといたしました。

 もう一つは、やはりこれから南海トラフの対策というものも大きなテーマになっていますので、そういったことを含めて。ただし、行革の視点は決して忘れないと。先ほど申し上げましたように、めどが立った時点で退職者等との調整で、定数管理というものは崩さない方針で臨んでいきたいと思っています。

 

(愛媛新聞)

 他の自治体にも職員の派遣を要望していたということだが、何人くらい。

 

(人事課長)

 全部で65人を要望しておりまして、他の自治体からは34人を派遣していただけるとの回答、これは事務も含めた数字です。また、足りない部分については、今、2次の要望を出しているところです。

 

お問い合わせ

人事委員会事務局採用給与課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2820

ファックス番号:089-912-2819

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ