close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 県概要 > 組織案内 > 愛媛県の組織と主な仕事 > 県立病院課 > 新居浜病院整備事業の変更について

ここから本文です。

更新日:2020年2月18日

新居浜病院整備事業の変更について

本県では、平成29年2月に策定した「愛媛県立新居浜病院整備基本計画」に基づき、新診療棟の建設工事を進めているところですが、次のとおり計画を変更したのでお知らせします。

病床数:240床→208床(▲32床)

医療機能の適切な分化・連携やDPC制度導入に伴う入院日数の短縮などにより、延べ入院患者数が予想以上に減少傾向にあることや、地域の医療資源・医療需要等を総合的に勘案した結果、建替え後の入院患者数は1日当たり200人以内におさまる見込みのため。(平成30年度の平均入院患者数:164人/日)

なお、診療科目数(22診療科)、救命救急センター、地域周産期母子医療センター等の診療機能に変更はありません。

DPC(診断群分類包括評価)
急性期入院を対象に国が推進する診療報酬制度で、傷病の分類ごとに1日当たり一定額の医療費を計算するもの。これにより、医療の標準化と効率化が図られ、入院日数も減少に向かうとされている。県立新居浜病院では平成28年度に導入。

工期:1年延長(令和4年3月末→令和5年3月末)

新病院開院後に改修予定の現救命救急センター及び解体予定の現本館において、建物の内装材にアスベスト含有建材の使用が判明し、飛散防止措置、清掃及び粉じん濃度測定を行うアスベスト除去対策の追加工事が必要となったため、全体工期を延長することとなりました。(令和3年7月を目途としている新病院の開院には影響はありません。)

なお、アスベストは内装塗材に含有されているもので、通常使用で飛散することはなく、患者さんや職員に影響を与えるものではありません。

プレスリリース資料(PDF:572KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

公営企業管理局県立病院課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2810

ファックス番号:089-947-6007

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ