close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 地方局の取組み > 中予地方局ポータルサイト > 中予地方局地域政策懇談会 > 令和2年度中予地方局地域政策懇談会(第2回)

ここから本文です。

更新日:2021年3月5日

令和2年度愛媛県中予地方局地域政策懇談会(第2回)の開催結果について

中予地方局では、市町や団体、企業、NPO等との意見交換を通じて、地域ニーズを的確に把握し、県の施策展開に活かすため、「愛媛県中予地方局地域政策懇談会」を設置しています。

去る令和3年3月3日(水曜日)に懇談会を開催し、地域づくりや福祉、農業分野等で活躍している民間委員と県・市町の行政委員が、来年度の事業として検討中のものや、日頃の業務で課題と感じていることなどをテーマに意見交換を行いました。

1 日時・場所

令和3年3月3日(水曜日)午後3時00分から午後5時00分まで

愛媛県中予地方局7階大会議室(松山市北持田町132番地)

2 懇談会の様子

懇談会

3 主な御意見・御提言

【新型コロナウイルス収束後の地域経済活性化について】

(1)顧客・販路の回復・拡大や新しいビジネスモデル等について

  • テイクアウト×環境保全(プラスチックゴミ削減対策)といった、これまでにない新しい切り口で発信する取組があれば、飲食店支援への共感がより広がるのではないか。
  • 地方局予算事業で七折小梅の産地再興に取り組むこととなっているが、今後、地元の七折小梅を使った加工品を製造している障がい者就労支援事業所等も参画できる仕組があればよい。
  • ストーリーブランディングされた物語性のある農産物がバイヤー等から求められる傾向にあるが、ノウハウを持たない生産者が多いので、支援があればよい。
  • 外遊び人口が急増しているので、山道整備や古道を復活させる等、受入環境を整備すると地域にとってチャンスになる。

(2)行政・民間におけるSNSの活用・連携について

  • 写真を撮ることで自分自身も地域の良さを発見できる。積極的に地域の写真を発信し続けることが重要。
  • 中予地方局公式SNSは、いい情報を発信できているので、フォロワーをもっと増やせる。職員自ら積極的に拡散すれば、ファンが増えるのではないか。

【コロナ禍での生活スタイル等の変化を捉えた移住推進方策について】

  • 移住希望者からは、空き農地の問合せも多いことから、空き家と空き農地のセットで交渉できる体制づくりが重要。
  • 移住推進に向け、今後は「中予ならでは」の良さを打ち出せるかが課題。

【スマート林業と担い手対策について】

  • 上浮穴高校(森林環境科)の授業や実習にICT教育を組み込み、林業でICTが活用できる人材の育成に取り組んでほしい。

【重信川サイクリングロードを活かした新たな周辺地域の活性化方策について】

  • ファミリー層に人気の「かすみの森公園」でのマルシェのほか、サイクリスト関係者が集まる重信川シクロクロス大会や、デジタルスタンプラリー(重信川サイクリングロード活性化推進実行委員会事業)など、既存の取組をうまく結びつけ、新たな出会いや楽しみが見つけられる仕掛けがあるとよい。
  • サイクリングロードを使い、子どもを対象とした自転車教室を地元自転車店とタイアップして定期的に実施するなど、サイクリングの裾野を広げる取組が必要。

お問い合わせ

中予地方局地域政策課

〒790-8502 松山市北持田町132番地 

電話番号:089-909-8751

ファックス番号:089-921-2601

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ