文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 都市計画 > まちづくり > JR松山駅付近連続立体交差事業

ここから本文です。

更新日:2018年12月14日

JR松山駅付近連続立体交差事業

魅力的で快適なまちづくりを実現するため、JR予讃線松山駅を中心とする約2.4km間を高架化し、東西市街地の分断や、交通渋滞を解消します。この事業が早期に完成しますよう皆様のご理解とご協力をお願いします。

タイトルイメージ図

  • この図(駅舎・駅前広場・区画整理内の建物等)は現時点でのイメージであり、今後さらに検討を行ってまいります。

更新情報

「事業紹介コンテンツ」のパンフレットを最新版に更新しました。

「事業による効果」の内容を更新しました。

「事業進捗コーナー」の内容を平成30年11月末時点のものに更新しました。

事業概要

四国最大の都市である松山市のJR松山駅周辺は、南北に走るJR予讃線と車両基地・貨物駅により市街地が東西に分断され、踏切遮断による交通渋滞が日常化しており、地域住民の生活に支障を来しています。また、鉄道による市街地分断により、駅周辺の一体的な発展が阻害され、新たな都市機能の集積を図る上で問題となっています。

このような中、愛媛県ではJR松山駅付近連続立体交差事業により道路と鉄道を連続的に立体交差化することで、交通環境の大幅な改善を図るとともに、松山市が行う土地区画整理事業や周辺街路事業と一体的に整備することにより、県都の陸の玄関口にふさわしい魅力あるまちづくりを目指しています。

高架延長 約2.4km
高架区間 松山市美沢二丁目から空港通一丁目
都市計画決定 平成20年2月5日
事業認可 平成21年2月25日
事業期間 平成20年度から平成36年度(予定)
全体事業費 約484億円(国:約228億円、県:約144億円、市町:約49億円、その他:約63億円)
進捗率 約62%(平成28年度末時点)

各工区の整備状況

約2.4km 松山市美沢2丁目~空港通1丁目
約1.7km 松山市土居田町~市坪西町
約0.5km 松前町大字神崎、出作

約1.3km(約6.3ha)

伊予市上野、上三谷~松前町大字鶴吉

 

事業紹介コンテンツ

パンフレット

パンフレットバナー(PDF:2,431KB)(PDF:2,431KB)

コンテンツをご覧になるには、以下のプラグインが必要です。

AdobeReaderのダウンロード

 

 

周辺市街地整備事業(関連事業)

鉄道高架事業とまちづくり事業を一体的に行い、駅および駅周辺地域全体の活性化を図るため、市街地整備事業を進めます。

事業による効果

中之川通線の完成予想図

鉄道高架に伴う、8箇所の踏切除去により、交通渋滞、踏切事故の危険性が解消され、幹線街路の整備により、交通の円滑化が図られます。

駅西側から見たイメージ図

連立事業と土地区画整理事業を一体的に進め、西側駅前広場を整備することで駅西側のアクセスが改善されるとともに、市内電車が松山駅に乗り入れることで、交通結節点としての機能が格段に向上します。

高架下利用のイメージ図

鉄道を高架化することにより新たに生み出される高架下空間は、商業開発、公共的な利用(駐輪場など)を図るなど、様々な有効活用が見込まれ、新しいにぎわいの場が創出されます。

松山駅ホームのイメージ図

JR松山駅の新ホームが2面4線になり、対面乗り換えが可能になるとともに、エレベーター・エスカレーターなども整備し、バリアフリーで安全・快適な駅に生まれ変わります。

事業進捗コーナー

[平成30年11月30日現在]

事業進捗H30

高架区間

松山駅付近の鉄道高架化に必要となる調査、設計、用地買収等を進めており、松山駅の北側では平成30年1月に、南側では平成30年9月に高架橋の工事に着手しています。

行き違い線

土居田~市坪区間において実施しておりました複線化工事は、平成29年度末に完成しました。

北伊予駅改良

平成27年度に3番線の軌道及びホーム新設工事が完了し、現在はJR四国による電気設備工事に取り掛かっています。これら施設については、車両基地・貨物駅の移転完了とともに供用を開始する予定です。

車両基地・貨物駅

平成27年度から車両基地・貨物駅内の施設に係る工事に取り掛かっており、平成31年度末の完成を予定しています。また、車両基地・貨物駅の周辺道路の工事も進めており、平成28年4月に車両基地・貨物駅の南北を結ぶ地下道、平成29年9月に南側外周道路、平成30年1月に北側外周道路の全線を供用開始しています。

アクセス道路:(一)砥部伊予松山線

平成29年8月に、車両基地・貨物駅終点付近を供用開始したことにより、県道伊予川内線から松前町道58号線までの約1200mの一連区間が通行可能となりました。残りの区間(町道58号線~県道八倉松前線)については、車両基地・貨物駅の移転完了に合わせて全線供用できるよう工事を進めています。

JR松山駅付近連続立体交差事業について

お問い合わせ

中予地方局建設部鉄道高架課

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

中予地方局鉄道高架課

〒790-8502 松山市北持田町132番地 

電話番号:089-909-8777

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ