close mican

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 保健所 > 中予保健所 > 食品・生活衛生情報 > 入浴施設の排水口による事故への対応について

ここから本文です。

更新日:2019年5月16日

入浴施設の排水口による事故への対応について

平成22年11月に、入浴施設のジェットバス(噴流式泡風呂)における事故がありました。この事故は、浴槽側面の排(環)水口の蓋が外れており、子どもが足の先を吸い寄せられて打ちつけた(治療を要するけがはなし)というものでした。

入浴施設における排(環)水口による事故については、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)によれば、平成12年度から平成22年10月末までに、10件の発生が報告されており、体の一部が排(環)水口に吸い込まれたり、吸い付いたといった内容の相談が寄せられており、入浴施設の排(環)水口の構造は、プール施設のものと同様・類似のものもあることから、このような入浴施設における排(環)水口による事故を防止するためには、プールの管理に関する考え方が参考になると考えらるので、プールにおける排(環)水口による事故について「プールの安全標準指針」(平成19年3月、文部科学省・国土交通省)を参照しつつ、排(環)水口の蓋等がきちんと装着されているかの日常点検や、安全な構造であるかの確認など、吸込み事故防止のための措置を適切に講じるようお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

中予地方局生活衛生課 生活衛生係

〒790-8502 松山市北持田町132番地 

電話番号:089-909-8758

ファックス番号:089-909-8392

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ