文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 水産業 > 漁港・漁場整備 > 中予地方局管内(松山市、伊予市及び松前町)の漁業の概要について

ここから本文です。

更新日:2019年7月16日

中予地方局管内(松山市、伊予市及び松前町)の漁業の概要について

管内の漁業は、伊予灘の中西部を主な漁場とする小型機船底びき網漁業、機船船びき網漁業及び一そうロ-ラ-ごち網漁業並びに忽那諸島を中心とする刺し網漁業、一本釣り漁業及び延なわ漁業などを中心に営まれている。養殖業については、冬季波浪の影響を強く受けるため、養殖適地は中島地区の島しょ部に限られ、ヒラメやアワビ養殖などがわずかに営まれている。平成28年の漁業生産は、漁船漁業でみると9,638トン、42億6,876万円で、前年と比較すると生産量は約6%増加し、生産額も約3%増加した。生産量及び生産額の増加は、管内の主要漁業であるいわし機船船びき網漁業の漁獲の増加(対前年比121%)によるところが大きい。

漁村地域の経済活動のみならず、新鮮な魚介類を安定的に供給するなど、地域経済や日常生活を支える重要な産業として発展してきた水産業であるが、近年の漁業を取り巻く環境は、乱獲などによる漁業資源の減少や魚価の低迷に加え、就業者の減少や高齢化などにより、漁家経営は一層厳しさを増している。

漁船漁業の動向

漁船漁業については、伊予灘全体で周年操業する小型機船底びき網漁業と機船船びき網漁業が漁獲量全体の84%を占める基幹漁業となっている。次いで釣り漁業、採貝藻漁業、刺し網漁業の順に漁獲が多くなっている。平成28年の漁獲量は9,638トンで、前年に比べ580トンの増加となった。魚種別の漁獲量では、カタクチイワシを筆頭に、以下シラス、ハモ、マダイ、ヒジキ(海藻)、イカ類、エビ類、サワラ類の順となっている。

漁業種類別漁獲量・漁獲金額の推移(単位:トン・百万円)資料:漁業協同組合報告
区分 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
生産量 生産額 生産量 生産額 生産量 生産額 生産量 生産額 生産量 生産額
漁船漁業 計 9,737 3,886 9,131 3,537 9,481 3,566 9,058 4,151 9,638 4,269
小型機船底びき網 1,959 1,158 1,928 1,145 1,866 1,070 2,075 1,308 1,800 1,087
機船船びき網 6,161 1,414 5,478 1,114 5,958 1,261 5,370 1,521 6,296 1,911
刺し網 244 238 253 235 293 255 300 287 246 227
はえなわ 33 24 40 31 27 24 26 22 50 60
釣り 407 349 380 324 447 386 457 412 502 449
採貝藻 433 208 582 273 477 222 381 214 367 195
その他 500 495 470 415 413 348 449 387 377 340

主な魚種別漁獲量の推移(単位:トン)資料:漁業協同組合報告

魚種 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
カタクチイワシ 3,904 2,785 2,575 3,103 3,725 3,889 4,178 3,814 4,439
シラス 2,237 2,223 3,358 1,726 2,345 1,517 1,673 1,374 1,833
マアジ 244 255 211 144 134 123 99 82 103
カレイ類 96 116 111 93 81 86 91 114 127
タチウオ 401 308 223 167 174 151 130 120 97
ハモ 268 391 520 462 545 557 522 621 610
マダイ 462 464 472 414 392 399 340 365 352
サワラ類 100 125 90 45 59 93 206 210 151
エビ類 331 327 292 182 208 228 188 167 183
貝類 107 107 101 79 84 86 95 101 103
イカ類 457 350 330 304 314 323 278 268 273
タコ類 529 156 112 84 78 76 180 81 30
海藻類 391 501 295 495 414 566 460 357 352

養殖業の動向

平成28年養殖業の生産は、32トン、62百万円で、前年比3トン、8百万円減少した。魚種別にはサバ、ヒラメ、アワビ養殖が主体であるが、全般的に生産量・生産額とも減少傾向にある。

魚種別養殖漁業生産量・生産金額の推移(単位:トン・百万円)資料:漁業協同組合報告

区分 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年
生産量 生産額 生産量 生産額 生産量 生産額 生産量 生産額 生産量 生産額
養殖業 計 41 68 40 76 38 87 35 70 32 62
ヒラメ養殖 10 11 9 13 9 14 6 9 4 7
サバ養殖 23 23 20 20 18 30 23 30 23 30
アワビ養殖 7 28 10 40 10 40 6 31 5 24
ゴカイ養殖 2 6 1 3 1 3 0 1 0 1

 

 

お問い合わせ

中予地方局水産課

〒790-8502 松山市北持田町132番地 

電話番号:089-909-8768

ファックス番号:089-909-8398

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ