文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2019年12月11日

研究概要

トップページへ

愛媛県畜産研究センターでは、乳牛や肉牛、豚などの家畜を飼育しながら、美味しくて安全な牛乳や肉を効率的に生産する技術や、家畜の飼料となる牧草類の生産や利用技術、環境を保全する技術、さらにはバイオテクノロジーなどの先端技術に関する研究を行っています。養鶏研究所については養鶏研究所ホームページをご覧ください。

概要

 

研究の目的

生産技術室

企画経営班

畜産経営に関する試験研究調査及び試験研究の企画・調整、情報の収集、農大生の教育を行っています。

飼料環境班

牛の飼料となるトウモロコシなどの作物を効率的に生産する技術、調製加工技術、給与技術の確立のほか、家畜の排せつ物を肥料として有効に利用するための処理技術開発にも取り組んでいます。また、農家で作られた自給飼料の分析指導も行っています。

酪農班

愛媛県の環境条件の中で、乳牛の健康を維持し、効率的に牛乳を生産するため、飼育管理技術や飼料の給与方法に関する研究に取り組んでいます。また、乳牛の改良を促進するため、個体毎の正確なデータの収集とその分析方法の指導等を行っています。さらに、食品残さなど未利用資源の飼料化技術を開発し、農家への普及を図っています。

研究開発室

肉牛班

「愛媛あかね和牛」基礎雌牛の遺伝的能力改良に取り組み、受精卵移植技術を活用し高品質の受精卵を生産者に供給しています。さらに肉質の向上を図るため、飼養管理方法、飼料給与方法等に関する研究に取り組んでいます。

養豚班

県内産豚肉の高品質化や付加価値の向上を図るために開発した「愛媛甘とろ豚」の、生産農家への安定的な種雄豚及び人工授精用精液供給や専用飼料改良試験を行っています。また、肉質チェックによる高品質豚肉供給体制の構築に取り組んでいます。

お問い合わせ

農林水産部畜産研究センター

〒797-1211 西予市野村町阿下7-156 

電話番号:0894-72-0064

ファックス番号:0894-72-0065

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ