文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2019年4月1日

畜産研究センターの沿革

土地・組織へ

飼養家畜へ

トップページへ

沿革

大正10年4月28日

愛媛県立種畜場設立認可(周桑郡庄内村、現西条市)

昭和11年9月30日

愛媛県立種畜場南予分場設立認可(東宇和郡野村町、現西予市)

昭和17年3月31日

愛媛県立野村種畜場と改称、独立総合種畜場となる。

昭和31年4月1日

集約酪農指導所を併設

昭和32年7月5日

愛媛県立種畜場と改称。酪農指導所の設立(内子町)、集約酪農指導所の廃止。
家畜人工授精業務のメインセンターとして、種雄牛の集中管理を行うこととなる。

昭和37年9月1日

愛媛県畜産技術研修所を併設

昭和48年4月1日

愛媛県畜産試験場を設置(愛媛県立種畜場、愛媛県畜産技術研修所、愛媛県立酪農指導所を統合)。
昭和55年までに畜舎、研究棟等の新設と用地の買収を行い、圃場の拡張など整備を図る。

平成20年4月1日

愛媛県農林水産研究所畜産研究センターに改称(農林水産関係試験研究機関の統合により)。
養鶏試験場を養鶏研究所として内部組織に併合。

平成31年4月1日 愛媛県農林水産研究所畜産研究センター内の組織改編による名称の変更

お問い合わせ

農林水産部畜産研究センター

〒797-1211 西予市野村町阿下7-156 

電話番号:0894-72-0064

ファックス番号:0894-72-0065

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ