文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 畜産業 > 研究開発 > 養鶏研究所の沿革

ここから本文です。

更新日:2015年1月23日

養鶏研究所の沿革

沿革

 

沿革

昭和27年7月1日

愛媛県立松山畜産指導所開設される。(松山市溝辺町)

昭和32年7月5日

県立酪農指導所新設に伴い大家畜を県立種畜場に移管した。

県立営農伝習場より産卵能力集合検定を移管して、県下一円を管轄する養鶏単独施設となる。

昭和35年1月1日

愛媛県養鶏試験場として新発足し、庶務係、技術係を設置する。

昭和46年4月1日

技術係を種鶏科、技術科に分科した。

昭和47年4月1日

現在地(旧東予市)に移転する。

昭和49年4月1日

組織規則の改正により庶務係を総務課に改称する。

昭和50年4月1日

種鶏科、技術科を廃止しスタッフ制となる。

平成4年4月1日

研究指導室を設置し、1課1室の組織体制となる。

平成20年4月1日

農林水産関係試験研究機関の統合により、愛媛県農林水産研究所畜産研究センター養鶏研究所に改称され、畜産研究センターの内部組織に併合される。

参考

現在地の沿革

大正10年

愛媛県立種畜場開設

昭和9年

愛媛県農事修練場併設

昭和12年

愛媛県立種畜場南予分場(現畜産試験場)を分立

昭和26年

愛媛県立種畜場、愛媛県立農事修練場を統合し、愛媛県立有畜営農伝習場として発足

昭和34年

愛媛県立農業研修所と改称

昭和47年

愛媛県立農業研修所の廃止に伴い、養鶏試験場が松山より移転設置

トップページへ

お問い合わせ

農林水産部養鶏研究所

〒799-1316 西条市福成寺乙159 

電話番号:0898-66-5004

ファックス番号:0898-66-5093

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ