文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 統計 > 統計BOX > お知らせ > 「国勢調査」をかたる不審な電話等について(注意喚起)

ここから本文です。

更新日:2015年9月18日

「国勢調査」をかたる不審な電話等について(注意喚起)

県民の皆様へ

「国勢調査」との誤認を狙う不審電話について

 県では、9月第3週に、松山市、西条市、八幡浜市において、「国勢調査」の実施時期に合わせ、「国勢調査」との誤認を狙って個人情報を不正に取得しようとしていると疑われる不審電話が、一般世帯にかけられていたとの情報を把握しました。

 電話は、女性の声でテープに吹き込まれたもので、回答はプッシュ方式で行うものでした。最初に「回答したくなければ、電話をお切り下さい」との案内をしたうえで、家族構成や30代・60代・70代の人数を尋ねられたとのことです。

 また、西条市の事例では、発信元の電話番号は「050-3033-5259」であったことが報告されています。

 統計調査をかたったものや統計調査の誤認を狙う不審な電話や訪問があれば、お住まいの市町統計担当課、もしくは県庁統計課までお問い合わせください。

 

9月9日 砥部町での事例

 9月9日、砥部町の高齢者女性宅へ、70~75歳くらいに見える中肉中背の男が訪問し、「国勢調査で伺った」として、「御主人は健在ですか?家族構成は?」など、個人情報を聞き出そうとする不審な事例が発生しました。

 また、西条市でも、若い男の声で「国勢調査をしている」との電話があり、年齢や家族構成を聞かれた事例が発生しています。

 幸い、両事例とも実害はありませんでしたが、9月10日から平成27年国勢調査がスタートしたことに伴い、今後、県内でも同様の事例が発生する恐れがあるため、県民の皆様におかれましては、類似の手口にご注意いただきますようお願いいたします。

 国勢調査で各世帯を訪問する際には、顔写真つきの「調査員証」及び「国勢調査」と書かれた青い腕章を身に付けた調査員がお伺いいたします。「調査員証」等の提示がない場合は、国勢調査をかたって個人情報を聞き出そうとする不正行為の可能性がありますので、一切回答されないようお願いいたします。

 国勢調査等、国の基幹統計調査をかたって不正に個人情報等を取得しようとする行為は、統計法により、懲役2年以下、罰金100万円以下の刑事罰に処することが定められています。

 統計調査をかたる不審な電話や訪問があれば、県庁統計課までお問い合わせください。

参考

かたり調査

「かたり調査」とは、国勢調査など、公的な統計調査を装い、世帯を訪問して記入した調査票をだまし取ったり、世帯の家族構成などを電話で聞き出す不正行為のことです。

公的統計

公的統計とは、国の行政機関・地方公共団体などが作成する統計をいいます。

行政機関が作成する特に重要な統計は、統計法によって「基幹統計」として位置付けられています。

基幹統計調査には、国勢調査をはじめ56の統計調査があります(平成24年7月現在)。また、統計法に基づく基幹統計調査以外の調査として、一般統計調査が実施されています。

統計法

統計法では、国勢調査などの基幹統計調査について、その調査と紛らわしい表示や説明をして情報を得る行為(いわゆる「かたり調査」)を禁止しており、これに違反した者に対して、未遂も含めて2年以下の懲役又は100万円以下の罰金の罰則が定められています(統計法第57条第1項第1号)。

統計法の全文はこちら⇒統計局ホームページ/統計法(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

企画振興部統計課 人口統計係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2266

ファックス番号:089-943-2322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ