文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2016年2月4日

不当労働行為救済申立書

手続き案内

様式の名称

不当労働行為救済申立書

手続きの内容・資格等

使用者が労働組合法第7条に規定される不当労働行為を行ったとみられる場合に、労働委員会に救済を申立てるための様式です。

この申立てを行うことができる方は、

  • (1)労働組合
  • (2)労働者(不当労働行為を受けたと考える者)

となっています。

根拠となる条文等

労働委員会規則第32条

受付期間等

受付期間:月曜日から金曜日(祝日、年末年始を除く)
受付時間:8時30分から17時15分

受付窓口

労働委員会事務局審査調整課

添付書類

ありません。

備考(注意事項等)

郵送による申立ても可能です。
代理人による申立てはできません。
提出部数は1部です。

ダウンロード

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

労働委員会事務局審査調整課 審査調整グル-プ(※内容に関する相談窓口)

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2996(ダイヤルイン)

ファックス番号:089-941-5832

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ