文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

郷土料理の紹介【丸ずし】

丸ずし

丸ずしの写真

由来

米に恵まれなかった南予の沿岸沿いの人達が、すし飯の代わりにおからを使い、酢でしめた魚を巻いて握ったものです。宇和海でとれるサヨリ、イワシ、アジ、アマダイなど旬の魚を用います。また、卯の花は縁起の良いものとされており、婚礼などのおめでたい時に食されています。

材料4人分

  • サヨリ 2尾
  • 塩 小さじ1/2
  • 合わせ酢
    • 酢 小さじ2
    • 砂糖 小さじ1/2
    • 塩 少々
  • 卯の花 80g
  • ねぎ 小さじ1
  • 生姜 小さじ1
  • 人参 小さじ1
  • 調味料(A)
    • 砂糖 大さじ1+3/4
    • 薄口醤油 小さじ1+1/2
    • 塩 小さじ1/4
    • 酢 小さじ2+1/2
    • 白ごま 小さじ2

作り方

  • (1)魚はうろこ、頭をとり三枚におろす。水気を切り、塩をふって4時間位おく。合わせ酢をふりかけて、表面が白くなるまでしめ、一口大に切る。
  • (2)おからはフライパンで空炒りし、冷ましてAの調味料とねぎ、生姜のみじん切り、人参のみじん切りの塩茹でを加えて、よく混ぜ合わす。
  • (3)(2)を小さな俵形に握り、(1)の魚で巻く。

1人分の栄養量

エネルギー

71kcal

たんぱく質

6.0g

脂質

1.8g

食塩

1.8g

メニュー

八幡浜保健所ホームページトップはこちら

一つ前に戻る

お問い合わせ

南予地方局八幡浜支局 企画課

〒796-0048 八幡浜市北浜1-3-37 

電話番号:0894-22-4111(代)

ファックス番号:0894-22-0631

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ