文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 交通・道路 > 工事・通行規制情報 > 地域高規格道路「八幡浜道路」の事業概要

ここから本文です。

更新日:2016年12月21日

地域高規格道路「八幡浜道路」の事業概要

地域高規格道路大洲・八幡浜自動車道一般国道197号「八幡浜道路」の事業概要

「八幡浜道路」は、地域高規格道路「大洲・八幡浜自動車道」の一部区間として、事業中である名坂道路と接続して、広域ネットワークの一部としての役割を持つ一方、八幡浜市内の慢性的な渋滞を緩和する路線として早期整備が望まれており、八幡浜圏域全体の関心が非常に高い道路となっています。八幡浜道路の直接的な整備効果として考えられるのは、八幡浜市街地を避けるバイパスルートが建設されることから江戸岡交差点付近の渋滞が緩和されるとともに、現国道197号の交通量が大幅に減少することが予想されるため、将来、現道利用者にとっては安全で安心な通行空間を確保することができます。
また、現況をみると大洲市北只から八幡浜市保内町喜木まで約31分の時間を要しているところですが、八幡浜道路と名坂道路が供用開始されると約18分となり大幅な時間短縮が見込まれるため、四国縦貫・横断自動車道と一体となることで、より快適な高速交通サービスが提供されることとなります。
さらに、間接的な整備効果について考えると、農産物や水産物などの生鮮品の輸送量が増大することや、災害に強い道路網が新たに形成されることなど、八幡浜道路が地域産業および住環境改善に大きく貢献することが期待できます。

八幡浜道路パンフレットはこちら

八幡浜道路パンフレットへ

八幡浜道路事業位置図

江戸岡交差点の渋滞延長

江戸岡交差点の渋滞状況写真

生活道路への流入状況写真

幡浜中心市街地に位置する江戸岡交差点の渋滞を迂回しようと、生活道路にまで進入する車が後を絶たず、周辺住民や歩行者は日々危険にさらされています。

八幡浜道路は市街地に用事のない交通を排除するので、江戸岡交差点に流入する交通量が減少し、渋滞緩和や交通事故防止に大きく寄与すると期待されています。

 

ルート概要図

計画概要

計画概要

路線名

一般国道197号「八幡浜道路」

区間

(自)愛媛県八幡浜市郷

(至)愛媛県八幡浜市大平

延長

3.8km

道路構造規格

構造規格

3種3級

車線数

2車線

設計速度

時速60km

主な構造物

千丈トンネル延長1,809.0m

松柏トンネル延長1,090.0m

郷高架橋延長220.0m

事業期間

平成17年度~

標準断面図

トンネル標準断面図

お問い合わせ

南予地方局八幡浜土木事務所

〒796-0048 八幡浜市北浜1-3-37 

電話番号:0894-22-4111(代)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ