文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 環境情報 > 大気・水・土壌・化学物質 > 水・土壌関係情報 > 平成24年度水浴場の水質及び放射性物質の調査結果(シーズン前)

ここから本文です。

更新日:2017年6月8日

平成24年度水浴場の水質及び放射性物質の調査結果(シーズン前)

平成24年度水浴場の水質及び放射性物質の調査結果(シーズン前)について

平成24年6月15日
環境政策課

  1. 県及び松山市では、県内の主な水浴場29箇所(概ね利用者が3千人以上)について、水浴シーズン前の5月7日~5月23日にかけて標記の調査を実施したところ、いずれも遊泳に問題ない結果でしたので、お知らせします。
    (県調査分:22箇所(うち河川1箇所)、松山市調査分:7箇所)
  2. 水質の調査項目は、ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、COD(化学的酸素要求量)及び透明度であり、これらについて、環境省の示す5段階の基準で判定した結果は、以下のとおりでした。(詳細は別添のとおり)
    なお、参考項目である、病原性大腸菌O-157は、全ての水浴場で検出されませんでした。
    • 「水質AA」(水質が特に良好な水浴場) : 20箇所
    • 「水質A」(水質が良好な水浴場) : 8箇所
    • 「水質B」(遊泳が可能な水浴場) : 1箇所
    • 「水質C」( 〃 ) : なし
    • 「不適」 : なし
  3. また昨年度に引き続き、利用者の安全・安心の確保を目的として、念のため実施した放射性物質調査については、全ての水浴場において、海水等から放射性物質は検出されず、砂浜等の空間放射線量率については県内市街地における測定値と同程度でした。(詳細は別添のとおり)
    • 海水又は河川水中の放射性セシウム及び放射性ヨウ素の各濃度:不検出
    • 砂浜等における空間放射線量率(地上高1cm、50cm、1m):0.025~0.092μSv/時
  4. 以上のとおり、両調査結果とも問題なく、安心してご利用いただけます。
    なお、シーズン中の調査は7月~8月に実施予定であり、その結果については、別途お知らせします。(シーズン中調査は水質項目のみの予定です。)

 

 

メニュー

  • お知らせ・新着情報
  • 環境政策に関する情報
  • 環境白書
  • リンク
  • 地球温暖化対策
  • バイオマス
  • 環境教育・学習情報
  • 環境アセスメント
  • 大気・水・土壌・化学物質
  • 関連情報

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部環境政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2345

ファックス番号:089-912-2354

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ