文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 環境情報 > 大気・水・土壌・化学物質 > 水・土壌関係情報 > 平成20年度水浴場の水質調査結果(シーズン中)

ここから本文です。

更新日:2017年6月8日

平成20年度水浴場の水質調査結果(シーズン中)

平成20年度水浴場の水質調査結果(シーズン中)について

平成20年8月15日
環境政策課

1 県では、県内の主な水浴場30ヶ所(概ね利用者が3千人以上)について、水浴シーズン中の7月中旬から8月初旬に調査を実施したところ、遊泳に不適な水浴場はなかった。
(うち松山市調査分:8箇所)

調査項目は、ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、COD(化学的酸素要求量)及び透明度であり、これらを環境省の示す5段階の基準で判定した結果は以下のとおりでした。

  • 「水質AA」(水質が特に良好な水浴場) :17ヶ所
  • 「水質A」(水質が良好な水浴場) :6ヶ所
  • 「水質B」(遊泳が可能な水浴場) :7ヶ所

3 参考項目である病原性大腸菌O-157は、全ての水浴場で検出されませんでした。

4 なお、梅津寺海水浴場(水質B判定)については、ふん便性大腸菌群数に400個/100mlを超える測定値が一部認められたことから、「改善対策を要するもの」に該当したため、松山市では、浄化槽の維持管理の徹底等の大腸菌対策を実施している。

<参考資料>(PDF形式)

メニュー

  • お知らせ・新着情報
  • 環境政策に関する情報
  • 環境白書
  • リンク
  • 地球温暖化対策
  • バイオマス
  • 環境教育・学習情報
  • 環境アセスメント
  • 大気・水・土壌・化学物質
  • 関連情報

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部環境政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2345

ファックス番号:089-912-2354

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ