文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 環境保全 > 環境アセスメント > 影響評価の実施状況 > 協同組合クリーンプラザ産業廃棄物焼却施設整備事業

ここから本文です。

更新日:2017年6月15日

協同組合クリーンプラザ産業廃棄物焼却施設整備事業

手続状況

 方法書

対象事業の区分

  • 産業廃棄物焼却施設の設置の事業

事業名称

協同組合クリーンプラザ産業廃棄物焼却施設整備事業

事業規模

処理能力 150t/日

事業実施区域

四国中央市妻鳥町3048番地14

関係地域

四国中央市

事業者

協同組合クリーンプラザ

公告・縦覧日

  • 方法書公告・縦覧 平成29年2月17日から平成29年3月16日
  • 準備書公告・縦覧
  • 評価書公告・縦覧

知事意見

方法書

 平成29年2月16日付で送付のあった標記方法書について、愛媛県環境影響評価条例(平成11年条例第1号)第10条第1項の規定により、別紙のとおり意見を通知します。

別紙

第1 総括事項

1 事業計画において、主要設備及び排ガス処理設備等の諸元並びに処理量が増加するにも関わらず排出ガス量が既存施設と同水準となる根拠が不明確であることから、環境影響評価準備書ではこれらを明確に示すこと。

2 事業計画及び工事計画の具体化に当たっては、関係法令の順守はもとより、より一層の公害防止対策を講じる等、環境面・安全面に十分配慮すること。

3 本環境影響評価については、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」に基づく生活環境影響調査を兼ねることから、愛媛県環境影響評価技術指針に加えて、廃棄物処理施設生活環境影響調査指針の内容も考慮して、適切に調査、予測・評価を実施すること。

第2 個別事項

1 大気質

(1) 平成30年度から大気汚染防止法の改正に伴う水銀排出規制が開始することから、可能な限り水銀の排出抑制対策を検討するとともに、適切に調査、予測及び評価を行うこと。

(2) 廃棄物の搬出入車両に係る大気質の調査については、文献調査に加えて、適切に現地調査を実施すること。

2 水質

産業廃棄物の焼却施設整備事業に係る環境影響評価であることを踏まえ、排出水に係る環境影響評価項目として、ダイオキシン類を追加すること。

3 悪臭

製紙スラッジの保管等を考慮し、環境影響評価項目として、排ガスによる悪臭の影響に加えて、施設からの悪臭の漏洩を追加すること。

4 景観

事業実施区域内における緑化について、実行可能な範囲で検討すること。

5 その他

(1) 新施設整備後、時期は未定であるが予定される既存施設の解体に当たっては、ダイオキシン類やアスベストの飛散防止対策等を適切に講じること。

(2) 事業計画地は埋立地であることから、今後、発生が見込まれる南海トラフ巨大地震等による影響を考慮した工事計画を検討すること。

メニュー

  • お知らせ・新着情報
  • 環境政策に関する情報
  • 環境白書
  • リンク
  • 地球温暖化対策
  • バイオマス
  • 環境教育・学習情報
  • 環境アセスメント
  • 大気・水・土壌・化学物質
  • 関連情報

 

お問い合わせ

県民環境部環境政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2347

ファックス番号:089-912-2344

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ