文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 環境情報 > 環境政策に関する情報 > 計画等 > 第三次愛媛県全県域下水道化基本構想

ここから本文です。

更新日:2017年10月12日

メニュー地球温暖化対策メニューバイオマスメニュー環境教育学習情報メニュー環境アセスメントメニュー大気・水・土壌・化学物質メニュー関連情報

第三次愛媛県全県域下水道化基本構想

更新:平成25年4月17日

県では、公共用水域の水質保全を目的として、平成9年度に「全県域下水道化基本構想」を策定、その後、15年度に第二次構想を策定(19年度に中間見直し)し、本構想をガイドラインとして、生活排水処理施設整備を計画的に推進してきました。

この結果、当初構想の基準年度である平成7年度末の汚水処理人口普及率31.0%が、平成23年度末には72.1%に向上する等、一定の効果を挙げてきましたが、全国平均と比較すると低位にあり、今後も取り組みを進める必要があります。 

この度、第二次構想の目標年度である平成24年度を迎えたことから、県下全市町の協力を頂き、新たに平成34年度を目標年度とする第三次構想を策定しました。

今後は、本構想に基づき生活排水対策を推進し、快適で潤いのある水環境づくりに取り組んで参ります。

第三次愛媛県全県域下水道化基本構想(PDF,概要版)

参考

お知らせ・新着情報環境政策に関する情報環境白書リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部環境政策課 水・土壌環境係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2345

ファックス番号:089-912-2344

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ