文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 生涯学習 > 生涯学習 > 【歴史文化博物館】ポルトガル領事が松山藩知事に贈った懐中時計について

ここから本文です。

更新日:2017年12月14日

 

【歴史文化博物館】ポルトガル領事が松山藩知事に贈った懐中時計について

当館が、今年寄贈を受けた標記資料について、その後の調査研究により、松山藩と領事との関係を裏付ける史料も一部確認できたので、公表する。

星梅鉢紋入懐中時計

愛媛県歴史文化博物館「星梅鉢入懐中時計」

1名称

「星梅鉢紋入懐中時計」

2懐中時計の特徴等

18金小型ハーフハンティングケース懐中時計。時計の直径4.4cm。

文字盤に「JAS.MC.CABE LONDON」とあることから、ロンドンの時計工房・ジェイムズ・マッケイブ社製の最高グレード品で、部品にはダイヤ(ふつうはルビー)も使用されている。

ハーフハンティングケースとは、狩などの際に馬上で懐から出して蓋を開けなくても見れるようにしたもので、金鎖の先には珍しい円形のコンパス付き温度計が取り付けられている。

デザイン的にも優れ、ケースには魚子(ななこ)模様が施され、蓋の裏には星梅鉢紋(久松家の家紋)があしらわれている。

3懐中時計の刻印

内蓋に、贈り先として縦に「松山藩知事久松隠岐守」、

その下に横に「Presented by Jose Loureiro CONSUL of PORTUGAL NAGASAKI1871」の刻印がある。

したがって、本資料は1871(明治4)年に、長崎のポルトガル領事・ジョゼ・ロウレイロが、松山藩知事・久松隠岐守勝成(かつしげ)に贈ったことがわかる。

4ジョゼ・ロウレイロについて

ジョゼ・ダ・シルヴァ・ロウレイロ(1836~1893、マカオ出身のポルトガル人)は、1858(安政5)年に英国商社デント商会社員として来日。1860(万延元)年、日葡修好通商条約の締結に伴い、在神奈川ポルトガル領事に任命された。1862(文久2)年から1871(明治4)年までポルトガル領事として長崎に在住した。ロウレイロは、「いろは丸事件」(坂本龍馬の海援隊が大洲藩から借用していた「いろは丸」と紀伊藩の「明光丸」が1867(慶応3)年、岡山県笠岡沖で衝突・沈没した事件)で有名な「いろは丸」を大洲藩に売却した人物として知られる。

5久松(松平)隠岐守勝成について

松山藩13・15代藩主。高松藩主松平頼恕の6男として1832年に生まれ、松山藩12代藩主勝善の養女と婚姻、1856(安政4)年、勝善逝去により13代藩主となる。実父が水戸徳川家の出で、15代将軍徳川慶喜とは従兄弟の関係。1867(慶応3)年、養子定昭(伊予守を名乗る)に家督を譲る。1868(慶応4)年、鳥羽伏見の戦いで松山藩は朝敵とされ謹慎。勝成再び藩主。久松氏に復姓。1869(明治2)年、版籍奉還の後、松山藩知事に任命される。1871(明治4)年、藩知事の職を定昭に譲る。

6松山藩とロウレイロの関係について

松山藩は、幕長戦争を通じて軍艦の必要性を感じ、1866(慶応2)年に軍艦を購入している。『海南手記』(伊予史談会蔵)、『松山叢談』(当館蔵)、『勝海舟全集』などの記述を総合すると、長崎でポルトガル領事であるロウレイロを介して、イギリス船籍の「中山」あるいは「チウサン舟山」を購入して「小芙蓉(こふよう)丸」と改名していることが確認できた。

7今後の課題

今回、松山藩が、長崎でロウレイロを介して軍艦を購入していることは確認できたが、最高級の懐中時計を贈るほどの親密な関係がどのように築かれたのかは、まだ明らかになっていない。松山藩は、1857(安政4)年、幕府より神奈川宿周辺の警備を命じられ、1859~60年に神奈川台場を築造している。ロウレイロもこの頃、神奈川におり、藩主であった勝成と、その頃から何らかの接点があったのかもしれない。なお、1871(明治4)年は、ロウレイロが離日した年であり、勝成も松山藩知事の職を定昭に譲っている。したがって、ロウレイロが離日に当たって、親交の深かった勝成に記念の品として贈ったものではないかと想像されるが、その資料的裏付けは今後の課題である。

8テーマ展での公開

12月19日(火曜日)から1月28日(日曜日)まで、県歴史文化博物館(西予市卯之町)で、テーマ展「学芸員のまなざし―収蔵資料逸品展―」を開催し、この星梅鉢紋入懐中時計をはじめ、各学芸員が選定した収蔵資料の逸品を、こぼれ話なども交えて紹介する。

 

関連リンク

愛媛県歴史文化博物館(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

教育委員会事務局歴史文化博物館

〒797-8511 西予市宇和町卯之町4-11-2 

電話番号:0894-62-6222

ファックス番号:0894-62-6161

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ